交通事故

無保険事故から借金3000万サラリーマンへ。そこから得られる教訓

なぜ借金3,000万を負うほどの事故を起こしたのか
誰にでもありうることです。
知識がないと結局戦えません。
いいようにやられてしまいます。
私もいいようにやられて結局3,000万まで膨らみました。
無保険事故の加害者ですが、今は被害者のような気持ちになってます。

なぜ交通事故一つで3000万もの借金を背負うようになったのか

21歳での事故。
無保険の為、裁判までになり27歳から支払い開始。
賠償額2000万。
一発逆転狙い仕事を転々。
生活苦から更に1000万。
なぜ2000万の賠償金になるような事故になったのか振り返ってみます。

無保険であったのが一番大きい

やはり一番の原因は無保険であったこと。
それが無ければと思います。
ただ、そんな事を言っても「たられば」でしかありません。
そこから学べることといったら。

知識がなかったからいいようにやられた

事故の知識

略式裁判で加害者に。(私の割り込み)
ここで、弁護士入れて反論してれば変わったかも。
知識が無いのに、プロを頼らなかった。

示談交渉の知識

相手に言いくるめられる始末。
親を保証人にされる。
実家まで担保に取られる。

弁護士の知識

交通事故未経験の弁護士に依頼
交通事故に強い弁護士を探すべきだった。
どんなものかもわからず。
良く調べもせずに依頼を出してしまった。

知識は武器でした。

そんな経験からもすごく学びました。
知識は武器です。知識を得ることでそれをいかに使うかという、知恵を養う。

よく自己破産である話ですが。
財産を残すために。

自己破産あるある
  • 名義を妻に移す。
  • 離婚する
  • 破産から財産守る。

こういった手段はモラルとしてはやってはいけないのかも知れません。
結局貸した側は困り果てるわけですから。
ただ、生き抜く手段としては私はありだと思います。
これも知識があるから出来ることですしね。

困ったときにはプロがいる。

自分に知識がなく、本当に困ったときはプロに任せましょう。
そこに対するお金をケチってしまったら、もっと大金を失うことに。私のように。。。。
探せばいくらでもプロというのはいるものです。
借金のプロ、示談交渉のプロ、お金のプロ、、、、etc
下手に自分で悩んで抱え込まず、委任してしまうのも手ですね。

まとめ

私は無保険事故を起こし、2000万の借金を抱えた。
世間の不景気といった理由も少なからずありましたが、結局それが膨らんで3000万に。
仕事でも選択を間違えたり、人から痛い目に合わされたりと色々ですが。。。
振り返ってみたら、知識が無いが故。
無い分はプロに頼ればよかったが、その知識も足らず。
学んだことは知識は武器という事。
今後も色々学び続けて要領よく生きたいと、気持ちを新たにしております。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com