交通事故

無保険の事故は早く専門の弁護士に相談。相談が遅れ2000万の賠償経験より

【タイトル】無保険の事故は早く専門の弁護士。相談が遅れ2000万の賠償経験より

この記事では無保険の事故において弁護士へ相談する際の注意点を紹介します。

交通事故と言うのは突然やってくる災害なようなもの。

保険に加入していれば保険会社が示談の手続きなどをやってくれますが、自分か相手が無保険であれば、自分で対処しなければならなくなります。

グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
そんな事急に言われても、どうしらたいいのか全くわからない。。。
まるやま
まるやま
そうですよね。

そんなときにキレイに交渉をまとめるなんて言うのは素人ではほぼ不可能でしょう。

一歩間違えれば、簡単に私のように2000万円の賠償という話にも。

人生完全におかしくなってしまいます。。。(泣)

そこで弁護士などプロに相談する必要が出てきます。

私の弁護士に相談した経験から、反省点こうしたらよかったという生きた意見も合わせて注意点などを紹介していきます。

この注意点、相談のコツを知っておくことで、被害者でも加害者でもしっかり納得のいく賠償になるように。

個人での示談交渉で、必要以上に心身をすり減らすことのないようになります。

専門家案内サービス「相談サポート」

あなたにピッタリの法律の専門家を無料でご案内します!

無保険の事故では弁護士への早い相談が必須

【挿絵】無保険の事故では弁護士への早い相談が必須

無保険での事故では、弁護士を頼む以外、保険会社などプロといわれる人は何もアドバイスをくれません。

素人が自分の判断で動くと後々とても怖いことになることも。

私も無保険事故の経験者ですが、素人判断で非常に痛い目を見ました。

個人で話をしてしまうと怖いことに

無保険での事故の話し合いとなるので、弁護士などに依頼しない限りは、個人で話し合いをすることに。

まるやま
まるやま
あなたが、加害者であろうと被害者であろうとそれは非常に危険です。

後々あなたの不利になってしまう約束をしてしまったりと言う可能性もありえます。 

グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
でも相手から話し合いをしようと言われて応じないわけには。。。。
まるやま
まるやま
確かにそうですよね。

ただ、相手がどんな人かも分かりません。

プロの代理人を見つけるまで、話し合いを待ってもらうようにしましょう。

相手が保険屋さんなどのプロだったら

相手の都合のいいように持っていかれかねませんよね。

後々、ひどく後悔するような状態になることもありえますよ。

私の無保険事故の際は、個人で話し合いをしていたのですが、相手がかなりのやり手でした。

私は成人していましたが、学生だったために、保護者も責任があるとされ。。。

親が保証人になるという念書にサインをしてしまいました。

そのため実家を担保に取られてしまい、かなり不利な状況に。

結果的には2000万の無茶な賠償を10年以上かけて払っています。

本当に最初から弁護士に依頼して、交渉のプロに任せるべきでした。

あなたの勝手な判断が決定打になることも

過失割合や、その後の交渉、賠償についてなどの知識、素人はほとんど持っていないでしょう。

そんな人が事故をしてから、先のことを予測して、そのときの最善の行動を取るというのは中々難しい。

相手がかなりのやり手で、「私の責任です。」という書類なんかにサインでもしてしまったらもう大変です。

事故があなたの責任に。

(あなたが悪くなくても)

グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
責任を完全に負わないといけなくなるなんて、怖すぎる。
まるやま
まるやま
そうですよね。

確かに素人判断で動くのは非常に危険です。

出来るだけ早く弁護士などのプロに相談しましょう。

私の事故は後ろか突っ込まれ、バイクが私の股の間からきれいに抜けていきました。

相当吹っ飛んでいったので、相手はかなりのスピードだったと思います。

私の場合は私の無理な割り込みと言う行政処分の結果でした。

事故後の行政の処分(違反点数)に不服があれば控訴することも出来る。

が、そこに意義を唱えずに、罰金を払い、減点を受け入れてしまったんです。

これが、後の相手との賠償金についての裁判でも鍵になってしまいました。

私が「割り込んだ」罪を認めているということ

2000万の賠償。

「弁護士などに早くに相談していれば。。。」

と、後悔してもしきれない勝手な判断でした。

知人からの紹介は要注意

無保険の事故などで慌てて弁護士を探したりするとき。

大学の法学部でも出ていれば多少は知り合いがいるかもしれません。

グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
周りに弁護士なんていない。

まるやま
まるやま

そんな時って、焦ってもいるから、ついつい友人、知人などから紹介してもらいがち。
そういった素人からの紹介は非常に危険です。

無料で紹介してくれるサービスもあるので、ちゃんとプロに頼りましょう。

弁護士も得意、不得意があるんです。

交通事故の得意な弁護士で、経験豊富な人を紹介してもらうというのは、中々難しい。

経験不足の弁護士は素人と一緒

怖いのは交通事故未経験の弁護士を紹介されてしまったら。。。。

あなたの知人は善意で紹介してくれてると思います。

その紹介された弁護士が、「交通事故は。。。」

と拒否してくれればいいのですが、そうでない場合も。

もう未経験の弁護士なんて、素人と一緒です。

厳しい言い方かもしれませんが、使い物にならないでしょう。

私は散々な目に合いました。

私は親の知り合いの知り合いと言うような弁護士を紹介してもらいました。

その弁護士は「遺産相続」専門。事故未経験。

まんまと私の無保険事故の案件を引き受けてくれました。

相手方は、日本でも指折りの、事故の専門弁護士。

結果は火を見るよりも明らか。

こちらの「相続弁護士」は

「相手にこういわれましたけど。。。どうしましょう?」

自分の意見やアドバイスも無し。ただの伝言役。。。。

「お前、何屋よ?弁護士の仕事しろや!!!」

こちらとしてはそんな気分。

結局、別の強い専門の弁護士を探し出し交代。

本当に無駄な時間でした。

後任の弁護士からは

「最初から依頼してもらっていたら、結果はもっと違っていた」

とのこと。

本当に踏んだり蹴ったり。

相手の善意でも、素人の紹介は要注意。

弁護士はプロに紹介してもらうこと

【挿絵】弁護士は友人知人など素人からでなくプロに紹介してもらうこと

無保険の事故で弁護士探しはプロの手を借りましょう。

まるやま
まるやま
弁護士の力によって、あなたの事故の賠償結果は大きく左右されます。

上記の私のような目に合わないためにも、プロの力を借り探しましょう。 

知人からの紹介だと、面談してみて合わなかった場合も断り難いですよね。

最初から紹介サービスなどを使った方が、時間も労力も少なくて済みます。

無料で紹介してくれるサービスも有ります。

オススメの無料紹介サービスについて、こちらの記事にありますので参考にしてください。

「弁護士特約」で相談無料に。

任意保険には「特約」と言う形で弁護士費用を保険会社が負担してくれるサービスもあります。

「弁護士特約」と言うものです。

弁護士に相談する際の一番気になる費用についてもかからなくなる。

遠慮なく相談できるようになりますね。

「特約」についてはこちらの記事にまとめてあるので、参考にしていただき、一度自分の保険を確認してみておきましょう。

まとめ

無保険の事故にあってしまった場合、その賠償に関する手間と言うのはかなりのもの。

ましてや、相手との話し合いなど、素人同士では中々収まるものでもないでしょう。

しっかり知識がある人を代理人に立てる。

そうすることで、

相手の都合の良い誘導。

納得いかないままでの賠償。

こういったことを防げるように。

また、弁護士などのプロを探すときも要注意。

友人知人などの紹介では、実は「ハズレ」なんてことも

弁護士にも向き不向きがちゃんとあります。

後でとんでもない後悔をしないように。

しっかりしている上に、無料で紹介してくれるサービスもあります。

無保険事故は特にしっかり経験豊富なプロに任せましょう。

専門家案内サービス「相談サポート」

あなたにピッタリの法律の専門家を無料でご案内します!

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com