経済

オンライン決済の進化と進むキャッシュレス化。支払い意識すら薄くなる。

【タイトル】キャッシュレス化の中で-オンライン決済も-ますます加速する進化

この記事では、オンラインでの決済がどんどん簡単になっている。

そして、支払っていることも忘れてしまう。と言うオンラインキャッシュレスの怖さを紹介します。

これからどんどん進んでいくキャッシュレス化。

その中でどういったリスクや落とし穴があるのか?

これを知っておくことで、キャッシュレス社会の中で出来る限り損をしないように。

大事なお金をしっかり守り、賢く生き抜く術を身につけましょう。

まずはここから!「お金の教養講座」

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

キャッシュレス化の中でオンライン決済も進化

オンラインでの買い物による決済は早くからキャッシュレス化が進んでました。

と言うかキャッシュレスな手段が無ければオンラインでの買い物がここまで大きくなるのは難しかったでしょう。

そしてオンラインでの買い物の規模はどんどん大きくなり、それに伴い、オンラインでの決済もすごく進化してますね。

オンライン決済と言うのは驚くほど簡単になっている。

あまりにも簡単に決済できてしまっている、オンライン決済。

たまに、決済されていることも忘れていることもあるのでは?

  • 自動引き落とし、高速道路のETC、スイカなどの電子マネーへのオートチャージ。
  • 毎月定額払いの、
    「Spotify、apple music、netflix、amazon prime、、、、etc」

といったサブスクリプションサービス。

グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
サブスクリプションサービスって何だ?
まるやま
まるやま

月額課金制のサービスですね。

使いたい期間だけ月額費用を支払う。

アップルなども参入しようとしている2019年注目の、これから市場をすごく伸ばすといわれているサービスですね。

あなたも毎月毎月支払っているであろう上記のもの。

それでも、払込み用紙で支払うよりもクレジットカードや、引き落としになっていると、支払う際葛藤罪悪感についてほぼ感じない

買い物と言うのは現金を使い支払うという行為をすることで「消費の痛み」を感じて使いすぎを防ぐことが出来る。

クレジットカードなどではその「消費の痛み」が薄れ、使いすぎが起こる。

詳しくはこちらの記事に

まるやま
まるやま
オンライン決済とゲーム課金の組み合わせが巧妙すぎる。

使いすぎが非常に恐ろしいものです。

携帯やオンラインのゲームへの課金も一回は小額な為、さほど痛みは感じない

課金によって得られるアイテムなどの幸福感を刺激されて、どんどん課金させるような巧妙なシステム。

2019年6月のニュースですが、人気のFF14では月額課金会員数が70万人を越えたと伝えられましたね。

【朗報】FF14、月額課金ユーザーが70万人と公表!スクエニ株式総会にて松田社長が公式に発表!!

https://psneolog.com/archives/104805

大ヒットゲームではあるのでしょうが、たった1タイトルのゲームでこれだけの人が参加しているということ。

物凄い人が課金製のゲームに参加しているんですね。

技術の進化だが、それに合わせて人も順応しないと大変なことに。

【挿絵】技術の進化だが、それに合わせて人も順応しないと大変なことに。

こういった支払いのキャッシュレスや、サブスクリプション(毎月定額払い)は技術の進歩の結果でも有りますよね。

メリット・デメリット様々ありますよね。

  • メリット:フリクションレス化(わずらわしさの消去)
  • デメリット:「出費の痛み」解消による使いすぎのリスク
グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
キャッシュレス化は止められないですよね。

そこにあわせて私達も順応していかないと、際限無しに吸い取られてしまいそう。。。。

まるやま
まるやま
そうですよね。

現金払いで発生する「消費の痛み」って大事ですよね。

現金では紙幣や硬貨というものがあり、消費したその時に痛みを感じられる。

ところがキャッシュレスと言う手段では消費と支払いの時間差がある、

そのため、消費と支払いの間にある痛みぼやけてしまう

そういったところから使いすぎと言うことが起こると考えられます。

今後はますますお金について学んでいくことが大事な世の中になっていきそうですね。

お金については学校では教えてくれないこと。

自主的に学ばなければなりません。

つまりお金の知識があるのと無いのでは、差が更に広がってしまう。

格差が更に大きくなっていってしまう要因にもなりますね。

まとめ

キャッシュレス化のさきがけ、オンライン決済

世の中はキャッシュレス社会に進んでいっています。

そんな中「使いすぎ」という懸念と問題が上がってきていますね。

如何に「出費の痛み」を感じさせないように支払ってもらうか。

キャッシュレス決済では「出費の痛み」が感じにくくなる。

そのために使いすぎが起こる。

これは便利さを追求する技術の進歩によって「フリクションレス化」(わずらわしさの消去)されてきた弊害の一つでもあるでしょう。

ただ、この流れ、進化は止まらないでしょう。

また、得られるメリットも沢山有ります。

こういったものをしっかり得るためにも、時代の流れにしっかり乗りましょう。

まるやま
まるやま
私は使いすぎの失敗をして、ブラックリスト(信用情報焦げ付き)にまでなりました。

今思えばいい勉強でしたが、かなりの不便でした。

これからは更に不便な世の中になっていきそう。。。

それにはしっかり「お金の知識、マネーリテラシー」を身に付け、意識を高くして自分を守れるように。

上手に時代に順応し活用していくことも、お金に苦労せず生きていくためには大事ですよね。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在39歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です