経済

キャッシュレスへの苦手意識は20代女性が最も高い。女性の方が苦手?

キャッシュレス苦手20代女性

キャッシュレス化について、女性のほうが苦手意識があるアンケート結果が。
ただ、世の中でよく言われるのは家庭の財布は妻が握る。
なぜキャッシュレス化に苦手意識を持つ人が男性よりも多いのだろう?

マクロミルのアンケート結果によると、現金派が最も多いのは20代女性が最も多かった。
また、どの世代でも男性のほうが少なく、女性のほうが現金派。

その理由としても納得できるものが多い。
アンケート結果の紹介と一緒に考えてみたいと思う。

現金派は女性のほうが多いというアンケート結果が。

マクロミルのキャッシュレス化についてのアンケートの結果を見てみると、女性のほうがキャッシュレス化に対して苦手意識が年代問わず見られる傾向があるというアンケート結果が。
キャッシュレスのほうがポイントも貯まりお得なきもするが、その現金派の理由にも納得する分が。

苦手と自己防衛の女性のパンチ

年代が上がるとキャッシュレス派も増える。

普段の買い物の際に、

  • 現金とキャッシュレスの併用は84%
  • 現金のみ:96%
  • クレジットカード:75%

となっており、完全に現金のみの人は12%となるという結果が明らかに。

併用している人のパターンで多いもの。

  • ネットでの買い物の決済はクレジットカード。
  • スーパーやリアルでの買い物は現金で。

ということが考えられる。
確かにネットの場合は、クレジットカードのほうが圧倒的に便利である。
ただ、リアルでもカード決済の方が、早いし楽ではないかと私は思う。
スーパーなどでも、レジにて先に並んでいる人がクレジット払いなどで支払ってくれていると、順番の回りも速いので、「ラッキーだな」とも思う。


最も現金派が多いのは20代女性

支払い方法はその時によって違ってくることも多い。
それぞれの支払い方法の利用頻度について。
現金での支払いが最も多い人の割合は
男性:62%

女性:68.2%
となり年齢層関係なく全体で見ると半分以上を現金で支払っている。
年齢別もあわせて見たときの分布はこちら

年代別現金支払いの割合

ちなみに我が家はカード派です。

  • 現金よりもカードで支払った方が、ポイントが貯まる。
  • 家計簿を作成するときも、入力する手間が省ける。
    (ちなみに、クレジットカードは持てないので、デビットカードを愛用中)

最初はトイレットペーパー298円を一つ買うのにカードと言うのは気が引けるような気持ちだった。
だが、最近は慣れてきて、遠慮なく使えるようにもなった。
お陰でポイントも早く貯まるように。
コンビニに行ったときなどは、出来る限りスマホ決済をするようにもしている。
これもポイントを貯めるようにするため。
最初は設定の面倒臭さや、慣れるまでの時間も必要だったが、慣れてしまえば楽なもの。
小銭とはいえ、貰えるのであればもらう。
1度や2度ではなく、この先ももらえるという話であれば、設定しない手はないと思う。
取りこぼして余裕を見せているほどの身分では無いですしね。
我が家クレジットカード、スマホ決済はどんどん使うようにしているが、世間の人たちのあまり使わない理由は何だろう?

理由、不安、懸念、考える、女性

キャッシュレスを利用しない理由とは?

まずスマホの決済を利用しない理由は?

スマホ決済をしていない理由

「面倒くさいだけ」と言う感じ背景にある。
そんな事が伝わってくるのは私だけでしょうか、、、、?
逆に言えば、もっとポイント還元率が増えたり、還元されていることがしっかり分かるようになれば、一気に利用する人も増えるのではないかと思います。
意識の問題だけな気がするから、お得だとか、予想外に気軽に使える。とかって事が分かれば使う人も圧倒的にふえるのでは。
少しでも安い食料品を求めて、スーパーを「はしご」することを考えたら。


キャッシュレス化への不安や懸念も

キャッシュレス化への意向のアンケートでは。
「キャッシュレスを進めたい」という回答も60%。
そこには懸念点も色々ある様子。

キャッシュレス化したいがその懸念点

キャッシュレス化をしたくないと回答した人の理由としては、不安や懸念が凄く多いと感じました。

キャッシュレス化したくない理由

こういった不安や懸念は新しいもの、未知なものには付き物ですよね。

こういった不安や懸念を抱いて

  • 危険を避けるお陰で怪我も回避できる。
  • 乗り遅れてチャンスを逃す。

こういった不安や懸念を払拭して

  • 危険な目にあい、怪我もする。
  • チャンスを掴む。

どちらがいいのでしょうか?
ちなみに私は後者です。
そのお陰で怪我しまくって来た人生ですが、後悔はしていません。
ご飯も食べれているし、妻も子供もいてくれている。
人に憧れられるような人生ではないですが、経験はプライスレス。
「やらない後悔より、やった後悔」です。

まとめ

キャッシュレス化をしている人の割合で一番少ないのが20代女性。
これかなり意外じゃないですか?
ですが、キャッシュレス化したくない理由などを見るとなんとなく納得しました。
まだまだ身近なものではなく、なんとなく怖かったり不安があったりする。
だから、中々人生経験の浅い人は踏み込み難いのかも。
その不安を払拭するようなきっかけや、使う利点が明確になれば、一気に広がりそうです。
現金派キャッシュレス派。
選ぶのはあなた自身ですが、時代はキャッシュレスに流れているのは確実。
不安や懸念で取り残される前に、行動して多少怪我をしても慣れておいた方が、チャンスも広がるのでは?と思います。
しっかり学んで小さく始めてみては?

 

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com