自由な人生

目的を持ち貯金してますか?お金の呪縛から開放されるために、蓄える!

【アイキャッチ】目的を持ち貯金してますか?-お金の呪縛からの開放のため-生活費を把握し-いざというときに備え蓄える!

この記事では生活防衛資金の優先順位について紹介していきます。

  • 貯金をしなければと思っているけど、どれほどしたらいいのか?
  • 多少はあるんだけどこれで本当に大丈夫なんだろうか?
  • 資産運用をしたいけど、減ってしまったらどうしよう?
  • どれほど運用に資金を回したら良いんだろう?

など、貯金や運用などどうやっていったら良いのか、非常に悩ましいところですよね。

その悩みを簡単する基準になるのが「いざというときに備える蓄え」です。

本記事で解説する「生活防衛資金」のことですね。

この「いざというときに備える蓄え」を準備しているだけで、人生の自由度が大幅に上がり、資産運用の不安も激減します。

安心と余裕が得られる資金

【アイキャッチ】目的を持ち貯金してますか?-お金の呪縛からの開放のため-生活費を把握し-いざというときに備え蓄える!

生活防衛資金は、何よりも先に用意することをオススメします。

株や投資信託などの金融商品、資産運用を始める前に。

収入がなくてもしばらく暮していける資金があるというのはすごく安心できる。

気持ちの余裕が全然変わってきますからね。

貧乏はすごく人生に焦りを産む

誰でもあると思いますお金が無くて切羽詰ったこと。

本当になんとも言えない嫌な感じになりますよね。

いつもお金のことばかり考えて、すぐに稼ぎたくても稼げない。

足りない不安と、「稼がないと」と言う焦り。

いつもイライラ。

家族がいる人は関係もすごく悪くなりますよね。

私の貧乏体験談。

交通事故(無保険事故、加害者)が原因で3000万の借金を抱えてる。

返済も月に20万前後。(家のローンじゃありません)

今は返済にも大分慣れてきましたが、初期の頃はどうしようもなく大変でした。

【タイトル】無保険の交通事故から借金3000万サラリーマンへ。そこから得られる教訓
無保険の交通事故から借金3000万サラリーマンへ。そこから得られる教訓無保険事故をきっかけに3000万の借金を抱え、10数年返済を続けてきた私。 無保険での事故は加害者、被害者の両方を考えると意外に身...

焦るとろくなことがない

お金が無く、イライラして焦っていると、ろく・・なことになりません。

お金に縛られて、自分の本来“したいこと”“やりたい事”を無視します。

「稼ぐためにはどうすれば?」

稼ぐことを第一優先に。

勝ち目の薄いことに一発逆転でかけてしまったり。

焦ると判断が狂ってくるんです。

私も返済初期の頃に勤めていた会社は一部上場企業でボーナスもちゃんと出る良い会社でした。

ですが、リーマンショックの影響で景気も悪くなり。

「稼がなければ」と焦り、ネットワークビジネス(マルチ商法)に飛びつきました。

しかも、一発逆転を狙って、十数万/月しか稼げてないのに、退社。。。

辛抱すればよかったのに、焦りから博打に出てしまいました。

結果は上手くいくはずも無く。

妻には離婚届まで突きつけられる始末。

大変な時期でした。

お金を使ってしまうことも。

お金が無いという、イライラ、焦り、ストレス。

これが貯まってしまうと別の弊害も。

頑張ったご褒美と勝手に決めて、必要以上に使ってしまう。

クレジットカードなどの使いすぎをしてしまう人はこのパターン。

クレジットカードは打ち出の小槌では有りません。

結局は自分で支払うんですよね。

カードは短期的な借金と一緒なんです。

それもこれもお金のストレスが原因なんですがね。

【危険】誰にでもある、お金がない焦り。

【挿絵】誰にでもある、お金が無くて焦る経験-その焦りが選択を間違えさせる-人生を自分の思い通りに-選択するために焦りはNG

お金が無いと余裕がなくなる。

そんな弊害を上げてみましたが、なんとなく思い当たること有りませんか?

上記の例に近いようなこと。

おそらく一度は経験があるんじゃないでしょうか?

余裕があると我慢も頑張りもできる。

【挿絵】お金があり余裕があると我慢もできるここぞと言う時、頑張れる選択ができることで自分の人生を生きられる

「生活防衛資金」と言った余裕があると、かなりメンタル面が変わってくるんです。

我慢ができるように。

余裕があることで、ストレスが格段に減ります。

請求書が怖くなくなったり、支払日にも焦りがなくなる。

毎月、月末にでも支払い状況を確認すればいいくらい。

これは本当に気持ちが楽になります。

ストレスも減り、余裕も出来る。

結果何か物を買うときにも、冷静に判断できるように。

  • 本当にいるんだろうか?
  • 必要だろうか?
  • 金額にあった価値はあるだろうか?

買う前に焦らずこういう判断をはさむことができるようになる。

それだけで無駄遣いは圧倒的に減ってきますよ。

あまりにも簡単なこと過ぎて信じられないでしょうが、経験談です。

我が家も、余裕が出てきてからは、かなり無駄遣いが減りました。

不思議なものですが、、、、

頑張れるように

「生活防衛資金」と言った余裕が出来てくると、更に頑張れるようにも。

まずはそこまで貯めたという自信が付きます。

そして、今後はその金額以上が蓄えられるように。

その資金を投資運用などで回していけば、どんどんお金は増えていきます。

お金がお金を生んでくれる状態ですね。

また、車など大きい買い物をするときも、ローンを組まなくても買えるように。

つまり利息の支払いなど、余計なお金を取られなくて済むようになります。

このように、お金の減る機会が少なくなり、増える機会が多くなる状態。

どんどんお金がよってくる環境になっていきますよね。

この快感が更に頑張らせてくれるモチベーションになっていきます。

誰しもが憧れる状態ですよね。

確かに言うは簡単なんですが、行うは中々難しい。

ですが、こういったことも知らなければ目指そうとも思いません。

まずは知ること。

知ってそれを思い描いて、常に意識することで、行動になっていきます。

最初は大変な部分もあるでしょうが、まずは自分の収支を把握して、やっていきましょう。

参考になる記事を下記で紹介します。

【タイトル】お金が無くてお金に縛られる お金に振り回されてしまう あなたはお金が無くても 変わらない自信ある?
身をもってお金の怖さを知った私。お金が無くても変わらない自信ある? お金と言うのは生きていくうえで絶対に必要なもの。ですが、何かと交換するための手段でしかありません。そのお金に縛られてしまうことも。私もそうでした。中々難しいお金との付き合い方、普段からの勉強が大切。...
【タイトル】意外に大きいコーヒー代の破壊力。家計簿の雑費が膨らみ圧迫の原因に
意外に大きいコーヒー代の破壊力。家計簿の雑費が膨らみ圧迫の原因に 何故か毎月予算よりもオーバーしてしまう。 収支のカテゴリー「雑費」が今一不明確。 いつの間にか財布のお金が減っていってしまっ...
【タイトル】「生活防衛資金」知っていますか?-しっかり用意してますか?-借金に振り回され痛感余裕資金の重要さ
生活防衛資金用意してますか?借金に振り回され痛感。余裕資金の重要さ。この記事では、「生活防衛資金」について紹介していきます。 今回のコロナショック、過去のリーマンショック、ITバブルなど、経済危機と...

まとめ

貯金をするための目安となるのが「生活防衛資金」と言うもの。

サラリーマンであれば、暮していけるだけの生活費の半年~1年分。

自営業やフリーランスは1年~2年分。

状況によっても変わってきますが、これだけの蓄えがあれば、何かあったときにもしっかり備えられる。

「年金2000万円問題」などで資産運用に重点を置く人も多い現在ですが、まずは「生活防衛資金」を用意しましょう。

余裕があると運用の成否もかなり変わってきます。

また、「生活防衛資金」を貯めたという事実も自信につながります。

結果、自分をコントロールし、無駄遣いの削減にも。

お金に関しては焦ると良いことは1つもありません。

私も散々お金が無くて苦しみました。

無駄遣いしてしまったり、イライラして人間関係を悪くしたり。。。

たかがお金。されどお金。

決して振り回されて、せっかくの人生、浪費したくないですよね。

しっかり余裕を持てるようになり、やりたい事やって生きていけるようにしましょう。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在39歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です