自由な人生

自分らしく自由に生きるために。大切にするものは?自分への嘘とは?

【タイトル】自分らしく自由に生きるために。自分への嘘を辞め、やっと見えてきた。

「自由に生きたい」誰でも一度は考えたことがあると思います。

まず自由とはどんなものなのでしょうか?

  • 自分らしく生きる。
  • ストレスが無く生きる。
  • 窮屈に感じないように生きる。

人によってそれぞれだとは思います。

まずはあなたにとって、何が自由なのかを明確にしないことには「自由」と言うゴールにはたどり着けませんよね。

10年近く前にこんな本と出会い、衝撃を受けました。

「ノマド」という言葉も出始めの頃。

3,000万の借金に縛られ、仕事に追われ辛かった時期です。

「自由」な働き方「自由」な人生にものすごく憧れたのを覚えています。

漠然と「自由」になりたいと思っていましたが、漠然としすぎてて何をしたら良いのかも分からず、迷走しまくってました。

結果、遠回りになってしまった感が。。。。(笑)
(ネットワークやったり、ブラック企業に入ってしまったり)

そんな私の経験談も合わせて「自由」に悩めるあなたのヒントになればと思います。

自由とは何か?

【挿絵】自由とは何なのか?-あなたがあなたらしく-ストレスの無いように-やりたいことをやろう

あなたに取って自由とはなんですか?

どんな人を見て「自由」だと思いますか?

よく言われるのは「自分らしく」生きている人。

自分のやりたい事をやって、ストレス無くやっている人。

そんな人を見て、「自由でいいなぁ」と憧れたりしますよね。

「自分らしく」生きるとは?

「自分らしく」生きるって良く聞くけど、じゃぁ何?って話ですよね。

「私の“らしさ”って何よ??」って思いますよね。

よく分かります。

私も20代半ばくらいからずっと探して迷走してました。

ただ、分かったのは、もうその“らしさ”の定義ってあなた自身でしか決められないってこと。

「自分らしいかどうか?」はいくら親であろうと、家族であろうと本当のところは分かりませんよね。

周りから「お前らしくないよ~」といわれても、あなたが「これでいい」と思うならそれが正解。

何かに挑戦してみて、結果的に

  • しっくり来なかった。
  • 違和感が大きくなってやめた。

それでも全然良いと思います。

私自身、仕事に関していえば、

製造業(設計)⇒ネットワークビジネス⇒製造業(現場)⇒飲食⇒製造業(設計)+ブロガー(副業)
(※これらの間にも細かいのは色々あります。電線はったり、工事現場で働いてみたり。。。。)

と色々やってきて、やっと今のブロガーのところで、やりたい事出来てるなぁと思います。

今までずっと

  • 自分のやりたいことは何だろう?
  • 自分らしくやれるのは何だろう?
  • 自分に合ったものって何だろう?

と探し続けてきました。

結果的に自分で「自分らしい。良し!」と思うしかないと半分諦め、半分納得したときにすごく居心地が良くなり、すっきりしました。

やりたいことをやる

自分らしい人生を送るためには、やりたいことが出来るって大事。

  • 仕事でやりたいことが出来ている。
  • プライベートでやりたいことが出来ている
    (仕事がプライベートを邪魔しない)

やりたいことをやって自分らしく人生を謳歌しているってこういうこと。

仕事でやりたい事やれていれば、仕事も辛くなりませんよね。

または、プライベートでやりたいことができていて、仕事が邪魔をしないから割り切って出来る。

ちなみに私の今の状態は後者に近い状態です。

ブログで今後は稼いでいきたいけど、まだ余裕で生活できるほどの収入にはなっていない。

会社員もやっているけど、有給などは自由に取れる会社。

残業なども本人次第。

非常に自分のペースで働けるから助かっています。

繰り返しにもなりますが、40歳手前でそんな状態になりましたがそれまでは、ずっと悩んでました。

3000万と言うでかい借金もあったため、常に焦ってもいましたし。

自分に合ったやりたいことなら稼げるだろうと思い、

  • 「やりたいことって何だろう。」
  • 「自分に合っている仕事って何だろう」

と悩んでおり、自己啓発セミナーや教材などに200万近くも使ってきました。
(借金があるのに)

本当に妻はよく愛想尽かして出て行かなかったなと思います(汗)

私自身運命的にやりたいことは見つかるんでは?

と思っていたんだと思います。

自由な人生を送るためには

【挿絵】会社員でも自由に生きる-自分自身の発見-そのために自分の-気持ちに正直に

私のようにやりたい事や自分に合った仕事などを探していると陥りやすい状態があります。

  • 次に転職したら、「これだ!!」と思うものに出会える。
  • 人脈を増やして色々な人とつながっていけば、やりたいことに出会える。

そんな事思ってませんか?

私は表には出しませんが、心の奥底ではそんな事を願って、考えていたんです。

ですが、当時はそんな事にも気付かずに自分にも嘘ついているような状態でしたが。

会社員でも自由に生きられる。

自由に生きるためには会社を辞めなければならないなんてことは無いと思います。

会社員でも自由に楽しそうに、自分らしくやっている人はいくらでもいます。

いかに会社に「この人は絶対に必要」と思わせるか。

会社に仕事を任せてもらうのではなく、自分でやりたい仕事を作り出す。

そのくらいまで突き抜けてしまえば会社員であろうと、もうあなたの自由にもなるでしょう。

とまぁ、そんなことは分かってるよっていう話ですよね。

中々そこまで行くのが大変なわけであって。

そこまで行くためにはかなりの成長も大事ですが、いかに回りに「できると思われるか」も大事です。

「錯覚資産」と言うやつがかなり大事。

急成長するのにも絶対欠かせないものですよね。

また、転職や就職活動の面接でも言えることです。

ちょっと長くなってしまいそうなので、詳細はこちら書籍を参考にしてください。

自分自身の発見が大事

会社員としてでも、独立してでも自分らしい自由な人生を送るためには、自分自身の発見と言うのは欠かせません。

小難しいことではなく、

  • 単純に自分自身がどうしたいか?
  • 何をしているときに自分自身が喜んでいるか?
  • ワクワクしているか?

そういったことを正直に汲み取ってあげるのが大事。

  • 「○○しなければならない」
  • 「○○するべき」
  • 「○○であるべき」

そんなのは関係ないし、そうやっていても自分自身は全く喜びません。

そして、どんどん自分自身の気持ちに不感症になっていってしまい、感動の薄い「事なかれ主義」のつまらない大人になってしまいます。

まとめ

自由な人生には誰でも憧れるものでしょう。

世間では自由で好きなことをして、自分らしく楽しそうにしている人たちってよく取り上げられますもんね。

ただ、あなたにとっての自由と言うのはその人たちとは違います。

自分らしさって人によって全く違いますから。

大事なことは

  • 人は人(周りは関係ない)
  • 自分らしさは自分で決める
  • 「○○すべき」「○○で無ければ」は無視する
  • やりたいことをやり自分の気持ちを細かく汲み取ってあげる。
    (自分に一番自分が優しく)

と言うことですよね。

こういったことを突き詰めていけば自分らしい自由な人生を生きられるでしょう。

私自身、今まだ道途中ですが、目的地に向かっていけてる感覚はすごく有ります。

自分に優しく自分を大切に共に頑張りましょう。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在39歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です