仕事

パープル(ゆるブラック)企業を知ってますか?かなりヤバイ企業です。

やばい_ゆるブラック_プログラミング

この記事では、パープル企業(ゆるブラック企業)の”やばさ”をご紹介します。

パープル企業(ゆるブラック企業)、なんとなくは聞いたことあるけど、どういうものか分からないどのくらい大変なのか?どういう風にブラックなのか?

その疑問について本記事では解説していきます。

このブラックさをを知っているだけで、どれだけ大変で恐ろしいものか把握でき、パープル企業(ゆるブラック企業)による、大切な時間の浪費への対策になります。

ブラック企業と言うのは知っているがパープル(ゆるブラック)企業は知ってる?

ブラック企業は非常に有名であり、誰しもが避けたいと思っている会社ですね。
確かに、ブラック企業にも色々あるとは思います。
人によってもブラックであったり、そうでなかったりもすると思います。
ただ、何を持ってブラックと言うか。一般論で見てみましょう。


ブラック企業の定義

まずここで整理するために、「ブラック企業」とはなんぞや?と言うところから。

  • 極端な長時間労働、ノルマを課す。
  • 賃金不払い、残業代不払い、コンプライアンス意識が低い
  • パワハラ、セクハラ、モラハラなどの、ハラスメントの横行。

こういった、従業員に対する搾取が行われるような会社をブラック企業と言います。
厚労省もHPでブラック企業の一般的な特徴については述べています。

「ブラック企業」ってどんな会社なの?

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

このような企業に就職してしまった場合の対応としては、第一義的には会社に対して問題点の改善を求めていくことが考えられます。しかしながら、新入社員が単独で会社に問題点の改善を求めて交渉等をするのは現実的には非常に難しいと考えられます。したがって、問題点に応じて、外部の関係機関や労働組合に相談することも有効な手段と考えられます。

厚生労働省「労働条件に関する総合情報サイト 確かめよう労働条件」Q&Aより
https://www.check-roudou.mhlw.go.jp/qa/roudousya/zenpan/q4.html

私事ですが、、、
超絶ブラックな企業で働いていました

何を隠そう私自身、超絶ブラック企業で働いていました。

  • 暴力なんて当たり前。
    (耳が内出血のため、今では変形してます)
  • 給料未払い。
    (合計金額は100万円)
  • 社会保険も未加入。
    (妹が社会保険庁に通報したら、
    鬼の説教と暴力⇒そこから“ユスリ“ヘ)
  • 残業代は払わない
    (手帳に記入していた時間を
    労働基準監督署に持っていったが却下)
  • 立替分も踏み倒し。
    (業者に払うお金を私が
    立て替えていたのですが、結局払われず)
  • 長時間労働も当然。
    (労働時間20h/日もあり。
    10日連続のときは、最終日に倒れました)
  • 休みの日の呼び出しも当たり前
    (めったにない休日にも呼び出し。
    それでも「家族は大事にしろよ」と説教たれる始末)

とまぁ、書き出したらキリが無いので、詳細はこちらの記事を読んでみてください。

ブラック企業は分かった。
ではパープル企業(ゆるブラック企業)は?

上記のように、とにかく恐ろしいブラック企業。
ですが、ここまでになると、悪い評判も立ちやすく、比較的分かりやすい。
(それでも私ははまりましたが、、、)
パープル企業(ゆるブラック企業)はこれよりもかなりゆるい。
比較的居心地がいいんです。
そのせいもあり、離職率は非常に低い。
それが怖さなんです。
成長もなく給料も上がらず、その会社では通用しても、他社では使い物にならない
だから、他所にもいけず、気づいたときには手遅れ。。。。
そんな茹でガエル状態になってしまうのが、パープル企業(ゆるブラック企業)です。
詳しくはこちらの記事に書きましたので、参考にしてみてください。



パープル企業(ゆるブラック企業)を求める若い人も

パープル企業(ゆるブラック企業)では、

  • 給料
  • スキル
  • 残業
  • 。。。。etc

上昇は無く一定が与えられます。
いい面も悪い面もあり、安住しているうちに浦島太郎状態
世の中に出たら、全く使えないビジネスマンが出来あがる。
世の中にこういった企業が必要とされていないか?といわれたら必要とされてもいる。
無くてはならない仕事であることも事実。
そして、残業も無く、きつい仕事も無い。
殺伐と仕事をし、色々悩み、奮闘しなくても給料はもらえる。
こういったパープル企業(ゆるブラック企業)を求める人たちも少なからずいる。

  • 「終身雇用であれば、こっちのがいい」
  • 「キャリアアップとか面倒だから、ゆるっとやって給料もらいたい」
  • 「別に出世しなくても贅沢しないから、仕事もゆるいほうがいい」

70歳までその考えでいられるのか?
生きているとライフイベントは色々あります。

  • 結婚
  • 出産
  • 親の介護
  • 子供の独立、結婚
  • etc

それでも最後まで、「ゆるい考え」でいられるのか疑問ですが。。。。。

入社した会社がゆるブラックだったら。(対処法)

もしあなたの会社がパープル企業(ゆるブラック企業)だったら。
今の職場を振り返ってみて、思い当たる節はありませんか?

  • 「バリバリやって、スキルを身に付けている。」
  • 「どんな会社に行っても通用する。」
  • 「転職したとしたら、確実にベースアップは間違いない。」

そんな事を言えてしまう会社に勤めていませんか?

もしそうならパープル企業(ゆるブラック企業)の可能性も。
そんな中でも、

  • 「転職するとなるとハードルが高い。」
  • 「ベースアップは確実とはいえないから二の足を踏んでしまう。」
  • 「転職によりいきなり環境が変わることに踏み込めない」

そんな風に思っていたりしません?
私もそんな状態で非常に悩みました。
私の会社もパープル企業(ゆるブラック企業)
このままいっても、給料もさほど上がらない。

  • 「年功序列で、上が辞めないから、役職も空かない」
  • 「今の経営者の考えでは、規模を拡大する気もない」
  • 「借金を抱えており、人生でやりたい事も沢山ある」

そうなったときに、この環境を上手く使い倒そうと思いました。
借金があるので、副業でアルバイトは勿論します。
それと同時に勉強をして稼げるようにもなってやろうと思いました。


パープル企業(ゆるブラック企業)を使ったスキルアップの方法

パープル企業(ゆるブラック企業)では残業も厳しくなく、環境もゆるいため、比較的自由に動けます。
ちゃんと勤めているから給料もしっかりもらえ、生活も出来ます。
そして、これからは個人がとても活躍する(できる)時代
今のゆるい環境を逆手に取り、スキルアップをしてしまいましょう。
オススメは今、圧倒的に売り手市場のエンジニア
自分で独学によって学び、そこから「Lancers」などのクラウドソーシングなどを使うことで仕事を取ることも出来ます。
最初は勉強することになりますが、エンジニアとして仕事が出来るようになれば、今でさえ時給4,000円はくだらない。
今後はAI、IOT、ブロックチェーンなどの影響により、ますます需要が増えてくる分野の仕事。
パープル企業(ゆるブラック企業)で浦島太郎状態の使えないビジネスマンで一生を終わらせていいんですか?
結婚してから、子供が出来てから、住宅ローンが始まってから。焦って動き始めても遅すぎます。
今からしっかり備えておいたほうがいいのでは?

最強のスキル「プログラミング」。
その最強の教材の紹介

ここではパープル企業(ゆるブラック企業)の空いた時間で、使えないビジネスマンになるのを防ぐため最強の手段、プログラミングの紹介をします。
英語や資格取得などを考える人も多いかと思いますが、それ自体では収入にはつながりません。
そのスキル、資格を使って転職してしばらく勤めてから、始めて給料に跳ね返ってきます。
ところが、プログラミングであればそのスキルでダイレクトに稼げます
上記にも書きましたが、パープル企業(ゆるブラック企業)にいながら、高単価の仕事を取ることが出来ます。
そうやって稼ぎ、しっかり地盤を築いてから転職するなり、独立するなり。
方法は自由に選ぶことが出来るようになります。
もし興味が無い人は即刻読み飛ばしてください

プログラミングの学習の最強の教材

パープル企業(ゆるブラック企業)で危機感を感じ、何か一歩踏み出そうとしたときに、プログラミングを選んだあなた。
一つ注意しなければならないのが、自分での学習となると、高確率で挫折することになります。
教材のテキストなどに書いてある通りにやっても、思意通りに進まなかったりしたときが要注意。
1人でやるというのは本当に心が折れやすくなってしまうものです。
ところが、

今回紹介する「Skill Hacks」では、全ての講義が動画になっている。
そのため、見よう見まねで進めても演習をやりきることが出来ます。
教材・資料が必要なときはサイトからダウンロードする形で資料を取れます。
しかも24時間体制のLINEでのサポート。
圧倒的に有利に進められます。
パープル企業(ゆるブラック企業)に危機感を感じ、プログラミングで人生を変えていこうと考えているのであれば、「Skill Hacks」は相当強い見方になります。
すくーるに通う前の前段としても効果的に活用できること間違い無しです。
※詳細はこちらのボタンから

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座


まとめ

ブラック企業と言うのは本当に絶滅すべき企業ですが、パープル企業(ゆるブラック企業)と言うものがあるのを知ってます?
こちらのパープル企業(ゆるブラック企業)も非常に怖い危険な企業であることに変わりはありません。
働いていいる人は、気づかぬうちに浦島太郎状態になり、他所では全く使えないビジネスマンになってしまう。
ただ、居心地もよく残業などもあまり無い
そのまま安住していると「茹でガエル」状態になります。
そんな状態に危機感を持てたなら、まずは動いてみましょう。
私もブラック企業を脱け出し、パープル企業(ゆるブラック企業)の今も不安だらけ。
私は借金が大きかったりするため、先の不安が絶えません。
そういった状況からパープル企業(ゆるブラック企業)で焦っていますし、稼ぎたい気持ちが凄く強いんです。
そんな、私のように、ハングリーな人におすすめなのが、英語でもなく、資格でもなく、プログラミングスキルと言う、身につけたらお金に結びつきやすい、今後どんどん必要とされていくスキル。
パープル企業(ゆるブラック企業)に要ることをチャンスとして、人生逆転する機会と考えてみるのも良いのでは?
-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com