仕事

仕事が辛く泣くほどの日々。そんなときは即退職。辛い仕事で壊れる前に。

【タイトル】仕事が辛く泣くほどの日々。そんなときは即退職。辛い仕事で壊れる前に。

この記事では仕事が辛く泣くくらいなのに頑張ってしまっている人。

  • そのまま頑張ってしまうとどうなるのか。
  • それを防ぐためにはどうするのか。

について紹介していきます。

仕事にどっぷりだと、ついつい自分の状態を疎かにしがちです。

辛いのも、自分が出来ないせいだと思ったり。

自分が何とかしないといけないと思ってしまったり。

辛い中そんな事を思いながら疲弊して頑張って、泣けてくるほどなのに更に自分にムチを打つ。

これを越えれば何とかなると思いながら、自分の状態を無視して。

辛いですよね。本当に。

私もそうでした。

長時間労働とパワハラ。

そんな環境で、出勤途中に自然と涙がこぼれてくる。

それでも自分が頑張らないと。とがむしゃらに頑張る。

結果としては精神を壊してしまい、家族関係もかなりガタガタ。

結局仕事を変えたら私自身も、家族も、生活も安定しました。

振り返ってみれば、泣くほどつらい仕事を頑張ってきたというのは、人生の糧にもなりますが。

置かれている状況的に、仕方なく辛い中で無理やり働くことになったとしても出来る限り一瞬にしましょう。

仕事が辛くて泣けてきたら、即退職一択

【挿絵】仕事が辛くて泣けてきたら、即退職一択

グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
仕事が辛くて自然に涙が出てくる。
仕事に行く前に涙が溢れてくる。
まるやま
まるやま
そんな状態の仕事は続ける必要は一切有りません。
グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
でも生活するためには仕事しないと
まるやま
まるやま
そうですよね。
生活するための仕事ですよね。
泣けてくるのは心壊れる一歩手前。
壊れたら、生活もままならなくなりますよ。
グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
そうか。。。。
そうなったら本末転倒もいいところだ。。。。

泣きながら仕事するのは超異常事態

仕事が辛くて泣くというのは、異常な状況と言うことを知ってください。

確かに生活をするためには仕事をし、稼がなければならない。

ですが、

  • 楽しくて仕事に行くのが楽しみで仕方ない。

と言う人もいれば

  • 仕事が辛くて、自然と泣けてくる。

と言う人もいる。

仕事言うのは人生の中でもかなりの時間を占めるものですよね。

それを泣けるほど辛いものにするのは非常に人生を損してしまいますし、危険なことなんです。

身体に心に異常が出てしまうことも。

仕事が辛くて泣くような事態は壊れる手前

普通、人間が泣くのはどういうときか?

  • 感動したり
  • 怖かったり
  • 悔しかったり、、、etc

こういった、感情が動くことで起こるもの。
(目に異物が入ったりと言った揚げ足は取らないでくださいね。)

仕事が辛く自然と泣けるというのは、かなりのストレスがかかっている証拠。

身体からのSOSのサインです。

自律神経がおかしくなり始めているということです。

そのまま仕事を続け、更にストレスにさらされると、自律神経失調症などになってしまう可能性も。

心が壊れては人生台無しに

仕事が辛く泣けるような状況を続けて、自律神経失調症になってしまう。

もしくは心が病んで壊れてしまうことも。

そうなってしまっては、その後の生活にも大きな影響が出てきてしまいます。

重度のうつ病になってしまった場合は、生活すること事態が非常に大変になってきます。

私は「自殺したい人からの電話による相談」の仕事もしていました。

うつ病の人からも相談が良く来ていたんですが、

  • 「こんなはずじゃなかった」
  • 「死にたいなんて昔は思わなかった。」
  • 「生きていく(生活する)のが辛すぎる」

と言った相談をすごく受けました。

本来であれば楽しく、明るく人生を謳歌できるはずなのに、仕事によって台無しになってしまう。

人によって合う仕事合わない仕事はそれぞれ。

あなたの同僚には合っていてもあなたには合わないことも充分有り得る。

入社前には会社の詳しい中身なんて分かりません。

ハズレを引くことも十分有ります。

  • 「やりたかった仕事だから」
  • 「面倒観てもらっているから」

ついつい無理して仕事を頑張ってしまう気持ちも分かりますが。

仕事を頑張るとついついスルーしてしまう異変

仕事を頑張って一生懸命になればなるほど、気付きにくくもなってしまいます。

  • 仕事に対する違和感。
  • あなたの身体が出している異変。

こういった小さなサインをついつい見落としてスルーしてしまうんですよね。

気付けた時はしっかりそのサインに向かいあいましょう。

仕事は人生において大事ですが、全てではないですよね。

その辛い仕事が人生の目的ではないはず。

人生を台無しにしてしまう前に逃げ出しましょう。

誰にでも起こりうること

【挿絵】仕事が辛くて心が折れる-誰にでも起こりうる事-強い弱いは関係ない

先にも書きましたが、仕事が辛くなり泣いてしまったり、不調を起こしてしまうのは誰にでも起こります。

経験が無い人には非常に分かり難いことですが、誰にでも起こりうることです。

グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
よくうつになる人は弱いとか言われるけど。
まるやま
まるやま
そうではないですね。
そういう風に言う人は、本当に辛い経験をしていない人。
グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
人によって合うもの合わないものは違うからか。
まるやま
まるやま
誰にでも合わないものは向き不向きがあるように。
自分に合わないところにはまってしまうと、誰でも心を壊す可能性は十分に有ります。

そして、辛い経験が今までになければ、 いざ、自分がそうなったときにもスルーしてしまうことも。

私もそうでした。

通勤中に自然と涙がこぼれてくる。

それでも行かないとまずい。

とそのサインや辛さを無視して仕事をする。

結果的に状況はどんどん悪くなる。

最終的に医者で「うつ病」と診断されるまで

仕事が辛いが辞めるのにも勇気が必要

【挿絵】仕事が辛いが辞めるのにも勇気が必要

仕事が辛く辞めたいと思ってもやはり簡単には言い出せませんよね。

私も相当勇気が要りました。

何度も退職を伝えましたが、何度も引き止められ、最終的には

「辞めたければ金を払え」

と要求されました。

(色々と言い分は合ったようですが。)

結局そういったこともかなりのストレスとなり、「うつ病」と診断され、退社しました。

その後は労働基準監督署と弁護士に頼りました。

最後はしっかりケンカする覚悟でしたが、意味不明なお金の請求は支払わず。

相手から給料を分割で支払われ穏便に。

異常なまでに膨らんでいた残業代までは支払われませんでしたが。

あなたが辞めても他人の迷惑にはならない

グルグル困ったさん
グルグル困ったさん
辞めるとなると周りの同僚に迷惑がかかる気がして。
引き止められるときにも、すごく言われるし。
「辞めて迷惑かける気か!?」って。
まるやま
まるやま
多少の影響はあるとは思いますが、問題はないですね。
そもそもやめたくなる環境を作った、会社の責任と考えましょう。
上司にはその責任があります。
そもそも「職業選択」の自由は絶対的にあります。

私も辞める際には回りに迷惑がかかるから。とすごく悩みました。

ところが、辞めてみたらむしろ逆。

退職後に元職場のスタッフから連絡をもらった際には。

「大丈夫でしたか?」と、心配してくれました。

「やめられて良かったですね。」とも言ってもらえました。

周りは辛い状況だったということを見てくれています。

あなたが辞めた直後、周りは多少大変になるかもしれませんが、すぐに元に戻ります。

繰り返しますが、そんな状況を作り出したのはあなたの責任ではなく、会社の責任です。

環境を整えるのは会社の、上司の役割ですからね。

決してあなたの責任では有りません。

そこはしっかり理解しておいて下さい。

あなたの立場がどんなに上であろうと、会社のトップでない限り、上司には責任がありますからね。

転職は怖いが、仕事はいくらでもある。

では、仕事が辛く泣けるほどの状況を抜け出して、次の仕事があるか?

これも大事なポイントですよね。

そこは、ただ考えているだけでは始まりません。

人間は動かずに考えているだけでは不安を膨らませる生き物です。

動くことで初めて答えが見えてきます。

私のような滅茶苦茶なキャリアの人間でも働き口はすぐに見つかりました。

そのめちゃくちゃなキャリアと言うのは

◎製造業
⇒ ネットワークビジネス(フリーター)
⇒ 警備員
⇒ 製造業
⇒ 飲食業
⇒ 製造業(今ここ)

と言ったもの。

この飲食業のときに心を病みました。

が退職後はその二ヵ月後には再就職できました。

2017年2月のことです。

それほど景気が言い訳でもなかった。

勿論、やめる前に転職活動はしていませんでした。

退職後すぐに、就職エージェントや、求人サイト、ハローワークなどひたすら登録し、使い倒しました。

ただ座して待っていても就職は出来ませんからね。

転職するのであれば普通のことだと思います。

そうすることで36歳の私でも働き口は見つかりましたし、あなたでも大丈夫。

まずは辛い仕事からは逃げてでも離れてください。

泣けるほど辛い仕事で人生を無駄にすごしてしまわないように。

まとめ

仕事が辛く泣けてくることまである。

それでも自分にムチ打って頑張ってしまう。

私も経験者なので気持ちは分かります。

ですが、仕事とはそんなに無理してやるものでは有りません。

その仕事がたまたまあなたに合わなかっただけ。

仕事が辛くて泣けてくるというのは、完全にSOSのサインです。

しっかりSOSを拾ってあげましょう。

辛いのを我慢して心を壊してしまっては元も子もありませんからね。

たまたま合わなかった職場は手放して、あなた自身を活かせるように次の仕事を探しましょう。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在39歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です