仕事

ブラック企業を退職。給料の未払い、残業代の請求。労基はどこまで?

ブラック企業を無事に退職したときに起こりうる問題

結構な頻度である話。
その問題点と対策について。

ブラック企業退職後の問題。給料の未払い。残業代の請求

ブラック企業で心身ともにすり減り、なんとか辞められた。
そこからの問題というのもありますよね。
冒頭の給料未払いや、残業代。

逃げてしまったけど。払って貰えそうに無いけど、給料はもらえるのか?

もちろん貰えます。
当然の権利というか、逃げるまではしっかり働いていたのですから。
社長などからなんと言われていようと関係ありません。
払わなかったら完全に違法です。
渋れれることも考えられます。
最後の給料は取りに来いとか言うかもしれません。
来なければなければ払わない。なんて事を言うかも知れません。
そんな可能性がある場合は労基や弁護士など、出るところに出ましょう。
詳細は下記の残業代とあわせて。

残業代の未払い

こちらも本来であれば払わなければ違法です。
ただし給料の未払いよりも払われない可能性は高め。
私の知り合いも何人かはしっかりもらえました。

未払い請求の方法とは

労基に行き相談すること。
あなたの状況によりますが、条件が合えば。
腰の重い労基もしっかり動いてくれるでしょう。

労基の動いてくれる条件とは

労基の動いてくれる条件
  • 正式な雇用関係
  • しっかりとした残業の証拠

が必要です。
知り合いで請求がしっかりできた人はこういった書類のしっかりあった人。
証拠もちゃんと残っていた人が請求できたみたいです。

正式な雇用契約の無かった私の場合

私も退職後に残業代についても請求したいこと、給料の未払いを請求したいことを相談に行きました。
それと同時に弁護士のところにも相談に行きました。
労基へ話せば、行政指導なども視野に入れやってくれると思っていました。
ところがそうは簡単にはいかないようです。
私の場合は入社の際、正式な雇用通知などの書類を交わしていませんでした。
労基としてはそこが問題だった。
なんとか証明しようと、ラインの履歴をさかのぼったり、過去のメールをほじくり返したり。
36協定にサインしていたので、それを出したり。
(私がやるまで雇用規約が無かったのがそもそもおかしい。。。。)
色々私が社員であったという証拠になりそうなものを出しました。
そこでやっと重い腰が上がりました。

労基の言い分

給料の未払いについて、一度社長を呼んで話することは出来ます。
が、正式な雇用契約書が無い以上、業務委託だといわれたらそれまで。
強制力を持つことは出来ません。
面談後電話などで催促することも出来ますが、強制力は無いので。

「逃げ腰全開ですか。。。。」

と思ってしまいました。

社長を呼び出しての面談後

労基が社長を呼び出して話をしてくれた結果。

  • 給料の未払い:分割で支払う。(10万を10回)
  • 残業代:払わない。

こんな結果になりました。
残業についてはタイムカードの証拠は無く、私の手帳に書いてあった時間のみ。
社長はこんなのは認められないと突っぱねる。
労基も証拠にはならないと認めて、残業代の請求は出来ず。
総額を計算したんですが、えらいことになりましたね(笑)

労基もお役所。

依頼人からお金をもらい、成功報酬などで成果が出るわけではありません。
決まった給料の中で、決められた時間の中で、決められた枠の中で仕事をしています。
なので、労基の条件にしっかり合うこと。
相手と揉めて時間かけない、労力かけなくても証明できること。
といったしっかりしたものでなければ動いてはくれません。
これが「労基の腰が重い」といわれる所以でしょう。

どんなに会社を愛していても、証拠はしっかり残しましょう。

自分の勤めている会社をどれほど愛していても。
心のそこから信頼していても。
証拠はしっかり残しましょう。
会社が好きなのであれば尚更残した方がいいと思います。
後々お互いに揉めずに済みますから。
そして、揉めたときは自分の有利を、権利を勝ち取るために絶対的に大事です。




どうしても残業代を請求したい場合には

  • もうどうしても許せない。
  • なんとしても残業代を請求してやりたい。
  • あんな辛い思いして働いたのにタダ働きにさせられてたまるか。

と言う人。
証拠が残っていて、それで労基が納得して動いてくれればいいでしょう。
そうでない場合は、弁護士などを入れるなどの法的措置を考える必要があります。
ただし、この場合は、最終的には示談での話しになることが多いです。
ですので、力のある弁護士を雇うことをオススメします。
結局は弁護士の力関係による部分もあるそうですから。

私も弁護士に依頼してました。

私も弁護士に依頼をしていましたが、結果的に労基も手を引いた段階できびしいんじゃないかと言われました。
と言うのも、新しい会社も決まっていて、どれだけ取れるか分からない状況で、入社したばかりの人が何日も会社を休み、争うほどの価値のある案件かと言う話。
そして、相手の会社には本当にお金が無く、請求も危うい。
法を使ったとしても無いところからお金は取れない。と言うことです。

結果的に私は残業以外にも色々有りましたが、給料未払い分をもらったところで泣き寝入りになってしまいました。。。。

労基に駆け込めば大丈夫と言う考えは注意

私もそうでしたし、私の回りもそんな考えの人が多いように感じます。
ところが、世の中そんなに簡単にはいかないもの。
労基がダメであれば、ちゃんと争う準備もしなければなりません。
そして、準備をしておくに越したことはありません。
無料で相談できるところもあります。
そして、ブラック企業から逃げるのであれば、弁護士付の「退職代行」と言うサービスもあります。
ブラック企業からの逃げ方については「【ブラック企業の辞め方】これであなたも、自分の人生生きられます。」を参照してください。

まとめ

自分を守るためには、それなりに準備や正攻法が必要。

  • 一生懸命やってきたんだから。
  • こっちが被害者なんだから。
  • 辛い思いしてきたんだから。

と言っても始まらない。
厳しいようですが、私も経験しました。
会社とはいえ所詮他人の集まりです。
自分を守るためには、やることはしっかりやらないといけませんね。
そして、ブラック企業のような大変な場所だったら一目散に逃げましょう。
「退職代行」などはとてもオススメの手段です。
※弁護士フォローつきのものもありますしね。

オススメの退職代行は下記

皆さんも健全に楽しく、自分の人生のために働きましょう。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com