借金

借金を周りに黙っていても良い事ありませんよ。どうせならネタにしちゃいましょう。

借金をしてしまうと、中々周りの人に言えなくないですか?
額にもよりますが、200万越えたくらいからは公開していかないと返済も厳しい気がします。
完全に私の主観ですが。
なぜそう思うのか。どうして周りに話したほうが良いのか。そんなことを体験談を混ぜながら話していきます。

そもそも借金のきっかけは溢れている


借金を作るきっかけって、色々あると思います。

ギャンブル
生活費が足りなくて
仕事がなくなった
引っ越し
家族の借金の肩代わり
冠婚葬祭、、、、etc

そして大きくなればなるほど言いにくくなっていく。更に返しにくくなる
恐ろしいものですよね。
私の場合は事故がきっかけで大きな借金をこさえました。
詳細はこちらを読んでみてください。

車(バイク含む)に乗るなら絶対に任意保険は絶対。無保険事故の体験談から来る話無保険で運転とかしてませんか?ちゃんと車の任意保険入ってますか? もし入っていないようであればすぐにでも入ってください。 無保険で事...

その前にも奨学金はありましたが、奨学金だと比較的周りに言いやすいし、周りも理解してくれます。

一度借りると敷居が一気に低くなる


一度借りるまでは、中々敷居が高いものです。
世間には借金による良くない話、自己破産になったとか、ブラックリストに載ったとか色々怖い例があふれてますからね。
最初は出来る限り借りないように頑張るんです。
ただ一度借りてしまうと敷居が一気に低くなり、気楽に借りられるようになる。
それでどんどん借りてしまう。
1社だけならいいですが、2社から借りると自分の財布と勘違いする。とか言われています。
これ、すごく良く分かります。そうなったら一気に転落していきます。

敷居を越えて何社も借りてしまったら

1社から始まって、2社、3社、、、と複数借りてしまった。
そうなったら、もう迷わず債務整理、自己破産など法律家、周りの力借りましょう。
漫画「闇金ウシジマくん」みたいなことにならないように、早急に手を打ってください。
他人事じゃないですからね。
まずは無料相談してみましょう。
着手金0円!相談料無料なら
ジャパンネット法務事務所

ちなみに、「闇金ウシジマくん」とか読んでおくのは、いい勉強になると思います。
私は一歩間違えば「登場人物側」というところにいたので、読んでて本当に怖くなりました(笑)
妻なんかは、怖すぎるって言って読むの辞めましたからね(笑)
そして、完全に余談ですが、筆者の方の取材努力は本当にすごいと思いました。世の中のダークサイドですね。
おすすめです。

消費者金融などから借りると一気に言いづらくなる。


悩んで悩んで、一社目を借りるんですが、借りた途端に周りに言い難くなり、秘密の借金になります。
借りる前、借りたばかりの頃は、周りに秘密にして何とか返しきってなかった事に。
そう思っているんですが、そんなに上手くいきません。
何を隠そう、私も同じこと思ってました。
返しちゃってから、しばらくしてから、「実は、、、、」なんて笑い話にしてやろう。位に思っていましたが、そんなの全く無理。
完済というゴールからは遠のくばかりでした。。。。
なぜかといえば、借りざるを得ない状況になり、相当悩んだ末にどうしようも無くなって駆け込んだ消費者金融。

今までも頑張ってきてその結果として借りなければいけなくなったんです。
その延長線なのに、一人で返せるわけ無いんですよね。
そして、借金には利息が付き物ですから、ただ借りるだけよりも利息が加算されている分返済は難しくなっている。。。。

何か変化がなければ絶対返せません!

私もそうなり、何か劇的に変えたくてネットワークビジネスをやりました。
が、劇的に変わるはずも無く、、、、(中には変わる人もいると思います。)
借金は積み上がるばかり。。。。(笑)

借りたのは本人。責任は本人にあります。が周りも察してあげてください。


そう借りたのは自分自信。責任も自分自身。
家族など関係が近ければ近いほど、「なんで借りたの?」「なんとかならなかったの?」みたいにキツめに質問とかしちゃうと思います。
それは借りた人を心配してのことだと思います。私も散々言われました。
ですが、本人も相当悩んで借りたんです。
言われるまでもなく、「借りなきゃよかった。」ってかなり後悔しています。
なので、落ち着いて理由を聞くならともかく、やたらめったら質問したり、借りたことを責めないでやってください。もっと追い込まれますから。
一番本人がわかってるんです。。。。

そして、そう言われると思って中々言い出せなかったんですよ。

周りに知られたのは良い事なのに、かなりテンパリます


言うことが出来なかった借金が何かの拍子で知られることになり、、、、
そこでも本人は「言っときゃよかった。。。」て後悔します。
結果的にはいいことなんですが、どうしようって狼狽します。
もうメンタルなんてボロボロです。
なので、家族や親しい人であれば寄り添って話を聞いて上げてください。
それだけで本人頑張れますから。
どの道、本人がなんとか頑張って返さなきゃならないんです。
本人も痛いほど理解してますから。

周りに知ってもらうことの効果


周りに知ってもらえることで、周りの意見も聞くことが出来ます。
借金で追い込まれてる、極限の状態で考えられることなんてたかが知れてます。
本来の実力の半分も出せないでしょう。
ただ、周りは冷静です。ちゃんと判断も出来ます。なので、意見を聞きましょう。
受け入れるかどうかは本人次第ですが、圧倒的に借金を作ってしまった脳みそだけで考えるよりも、良い案が出てきます。

丸山家の場合
消費者金融からの借金を親に知られたことでガンガンにつめられ、攻められるばかり。(ネットワークビジネスも反対されていたから尚更)
ところが予想外の救世主。妹が助けてくれました。
こちらの記事参照

借金を抱えたら貧乏で不幸なのか?今ではブログでネタにできるまでに♪

本当に妹のお陰です。
毎月何社も返済に追われるという、追い詰められた状況からは脱することが出来、冷静に考えることも出来るようになりました。
私の場合は特に運がよかったと思います。
相当な額の借金を身内によって助けてもらえるなんて、そうある話じゃないです。
安くはない利息をしっかり妹には払っていますが、それでも借金で借金を返す状況からは脱することが。
結局自分だけでは減らすことも出来ず、妹だけでなく周りからの助けを頂きまく減らしていくことが出来るようになりました。

皆さんも一人で抱え込んだら駄目ですよ。

まとめ

借金を抱えてしまったら、まずは相談です。
周りの人も初期の段階から話しておいた方が、びっくりもしなくなるものです。
身内に相談が厳しかったら、法律家でもいいのでとにかく分かち合って、どんどん減らしていきましょう。

着手金0円!相談料無料なら
ジャパンネット法務事務所

その借金もあなたの経験になります。
笑って話せるときが来ますから。
折角の人生、明るく楽しく元気にやりましょう。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com