家計簿

「可処分所得」を知っていますか?景気の実態を最も表す数値としても

平均年収は徐々に回復してきているが、実感として感じられないのはなぜ?
安部政権は景気回復と連呼しているけど、実際のところはどうなの?

家計簿を付けていても楽になってなどいない。
借金の家計に対する割合も変わっていない(手取り給与が上がれば割合は下がる)
その理由は実質可処分所得がどんどん減っているから。
これは給料が上がっても、引かれるもの(税金、社会保険など)が多くなり、使えるお金が減っているということ。

勤労世帯の社会福祉の負担額が凄く上がっている。
所得税、年金、健康保険の負担額の増加。
更にこれからの消費税増税によって更に景気の実感は悪くなっていく。

景気に関する本当に大事な指標って何?

景気が回復してきているとかって話をよく聞く。
政府も景気回復の実績を叫んでドヤ顔しているが、実際に実感としては。。。。
家計簿を付けていても一向に楽にはなっていない。
サラリーマンの平均年収が上がっているというニュースは見るけど。
それを知るのに不可欠なものが「可処分所得」

可処分所得って何?

可処分所得と言うのを聞いたことはあるかも知れませんが、何か。と言うのを分かっている人は意外に少ないのでは?

可処分所得とは実際に使えるお金

もらった給料から、税金、社会保険などを差し引いて、実際に手元に残るお金。
家計を管理する、家計簿でも、収入として使うのはこの可処分所得の数字でしょう。

最も大事な数字

可処分所得とは、家計を管理していく上で。
生活をしていく中で、最も大事な数字ではないでしょうか。
給料の平均値などが話題にもなったりしますが実は「可処分所得」が家計には大事。
給料が上がっても引かれるものは沢山あります。

いくら給料が増えようと、税金や社会保険が上がってしまえば元も子もありません。
生活していく上で、私達庶民が体感する景気を判断する上で大事なのは可処分所得なんです。

消費税も影響してくる

もちろん消費税も可処分所得に影響してきます。
消費税も税金になりますから、支給された給料から所得税などが引かれ、自分のところに入ってきます。
そこから生活費として、毎月やりくりしていくんですが、消費税はそのやりくりしていく中から支払う。
後払いか、先払いか。見たいな感覚ですね。
給料が変わらず、消費税が上がれば、可処分所得は下がります。
例えを。(大和総研「消費税増税等の家計への影響試算」より)

「片働き、年収500万円、子供4人」の場合
  • 2014年の消費税の5%から8%への増税では
    年間8.83万円の可処分所得の減少
  • 2019年10月の消費税8%から10%への増税での予想
  • 年間3.96万円の可処分所得の減少

となってくる。
これでは安いものを探してスーパーを駆け回っている主婦の苦労も、「増税」一発で吹き飛びますね。。。。

可処分所得の推移

参考資料にあるように2011年からの可処分所得の推移を見てみると、
2019年の現在で約25万円の減少。
可処分所得、実際に使えるお金が2020年には30万近くも減ってしまう予想。

これって働けど働けど貧乏になっていくんじゃないだろうかと思ってしまいますよね。
景気が回復して、給料があがったとしても、じゃんじゃん国に取られていく。

会社勤めの人。
この可処分所得の減少幅以上に給料が上がりますか。。。?
今後も景気の回復というのを実感として感じることは出来ないというのが正直な感想です。

可処分所得を減らしてまで取り上げたお金はどこに?

果たしてこれだけの勢いで家庭から(サラリーマンから)吸い上げたお金はどこに行っているのか?という疑問が上がってきませんか?
参考になるサイトからの引用が下記です。

出典:「新」経世済民新聞 「【藤井聡】財務省は今、阿部内閣下で増えた「自由に使える血税」の全てを、国民のためでなく「自分のため」に活用しています。」より
https://38news.jp/economy/13285

借金返済に10兆円以上。。。。
まぁ、借りたものは返さなきゃいけないというのが、まっとうな話ですが、この借金て誰が作ったのよ。という話。
日本の借金問題に関しては今回は書きませんが、完全に過去の負の遺産ですね。
過去の先送りのツケを今の現役世代である私達が支払わされている。
特にサラリーマンの負担が大きい。
税金や社会保障などは取りやすいところから取るのが世の常。
年末調整等で、会社が処理してくれるため、税金の支払いなどに関してあまり興味を示さず、ものすごく疎くなっているのがサラリーマンです。
確かに税金などは非常にわかりにくく、忙しく日々仕事している中で学ぶのも大変だとは思います。
ただ、そういって、お金を取られやすいカモにされているのが、現状です。
色々なツケの部分を文句を言わないサラリーマンから取りやすいから、吸い上げる。
これはもう当然の如くやられていることですね。

これからも変わらない可能性も

こういった状態はこれからも変わらないと思います。
もう1人1人が気づいて行動するしか無いんです。
まずは現状を知ってみてください。
私のオススメの本はこちらです。

賛否両論ある本ですが、私は凄く勉強になりました。
色々と今後に向けて打つべき手も考えられるようになりました。
これからどんどん行動して少しでも可処分所得を上げていこうと思っています。

【まとめ】

実際に体感できる景気の指標を見るのは「可処分所得の推移」
平均年収なども統計がありますが、実際の体感とはかけ離れた部分が大きい。
可処分所得とは、もらえる給料から税金などの必要経費を差し引いて、実際に生活に使えるお金。
それがここ8年で年25万円の減少。2年後には30万円近くも減少する可能性も。
その差し引かれた分の使途としては国の借金返済がほとんど。
悲惨な現状です。
そして、サラリーマンからは非常に取りやすいのでどんどん取られる。
なぜなら、ものを言わない人達だから。。。。
こちらの本にも詳しくあります。
たまに売り切れにもなってしまうので、お早めに。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com