家計簿

【続き・父母要チェック】子育て費用の平均を知り、借金返済を少しでも前倒し

昨日の「【父母要チェック】子育て費用の平均を知り、借金返済を少しでも前倒し」に続きまして今回は高校、大学についての費用を記事にしていきます。

改めて

子供が手を離れるまでの費用はいくらかかるか知ってますか?
大学まで通わせるとしたらズバリいくらかかるのか?

幼少期から大学まで
  • ずっと公立:1200万~1300万
  • ずっと私立:2500万~2700万

一人の子供が一般的に学校に通う数字です。

我が家の子は今小学校5年生。
今日の記事の中学、高校、大学については未知の部分です。
ただ、正直、これから先怖いなぁと思ってしまいました。
子供の成長は嬉しいのですが、そこにかかる費用となると。。。。

中学校以降、今までとは違います。やはりお金がかかるのが現実

ずっと公立で行ってくれたらお金の面では大助かり。
ただ、子供が私立を希望することもあります。
大学受験などで私立を選択せざるを得ないこともあるでしょう。
あまり無理して公立にしろとも言い難いのが親心。
だからと言って無理して通わせて、家計が苦しくなって、夫婦でケンカばかりするようでは子育てに悪い環境になってしまいます。
下記に詳細を載せていきますので、参考にしてもらい、子供だけでなく、家族として仲良く、楽しく過ごせるように計画してみてください

中学校にかかる費用

こちらが中学校にかかる費用の概算です。

中学校の費用
  • 公立:50万~60万
  • 私立:100万~150万【/box】

こちらには課外活動の費用、部活動の費用、修学旅行積み立て費用などは含まれています。
小学校は習い事などでしたが、今度の中学生は家庭教師、塾などになりますね。
近年はほとんどの中学生が通っているといわれています。
こういったことからも学校以外の費用月に1~2万くらいはかさんできますね。
また、公立中学校は授業料がかかりませんが、私立中学校は授業料がかかってくるため、倍くらいの費用がかかってくるようですね。

高校にかかる費用

さほど学校にかかる費用は中学校と変わりません。

高校の費用

  • 公立:50万~60万
  • 私立:100万~150万【/box】

ただし、大学受験が近づいてくると、予備校などの費用が上記に加算されてきます。
およそ年間で50万程度の費用になりますね。
高校卒業後、大学進学を希望する場合は受験費用もかかります。
遠方の大学であれば、受験の際の宿泊費用、交通費、、、etc
それなりの金額にもなってきますね。





大学にかかる費用

大学にかかる費用です。

大学の費用

  • 国公立:50~60万/年
  • 私立文系:70万/年
    私立理系:100万/年

これは大学にもよりますが、一般的な数字と考えてください。
上記は授業料となりますが、これ以外にも、一人暮らしを始めるとなった場合には引越し費用、家賃などがかかります。
JASSO(日本学生支援機構)の調査によると、大学生への家庭からの仕送りは年間120万ほどが平均という調査結果が出ているそうです。
仕送りを減らして奨学金をもらうという手もありますが、奨学金というのは返済が中々大変な一面もあります。
ここ最近問題にもなってきていますが、私も大変な思いをしている一人です。
奨学金の大変さについては「その考え方損してませんか?「奨学金の返済=借金=悪」⇒前倒し返済」に書かせてもらいました。

これは私の個人的な意見ですが、

「仕送りは少なめに」

仕送りする理由として、勉強が大変だからとか色々理由はありますが。
一人暮らしというのは親から自立するいい機会だと思います。
アルバイトして、それでやっていくように生活をする。
金銭感覚も養われますし、将来苦労しないよう、良い社会勉強になると思うので。
私は仕送りもらわず、奨学金とアルバイトでやりくりしてました。
当時は

「金が無い」

が口癖の様になってましたが、今と比べたらお金あったなぁと思います。
4年間通い続けましたし、留年もせずちゃんと卒業し、就職もしました。
奨学金については大分苦労してますが(汗)

浪人した場合

番外編になりますが、行きたい大学に行くために、いい結果が得られなかった場合などで、浪人を選択する人も少なくありません。
その場合、多くの人が予備校に通うと思います。

予備校の費用

60万~150万円/年

となります。
私も浪人しましたが、改めて見ると、親に余計な出費をさせてしまったと思います。
ただ、高校時代は本当に勉強しませんでしたが、それで得られたものも大きい。
浪人時代に本当に一生懸命頑張ったんですが、そのときに切磋琢磨した仲間は今も仲良くやってます。
お金だけで見たら浪人せずに、高校で一生懸命勉強すべきだったのでしょうが。。。。
親不孝かも知れませんが、結果的には凄く良かったと思ってます。

Processed with VSCO with pres

【まとめ】

2回にわたって費用をまとめてみました。
前回の記事はこちら「【父母要チェック】子育て費用の平均を知り、借金返済を少しでも前倒し」
お金だけを見るとやっぱり子育てって大変だと思います。
ただ、そこには子供の成長とともに知れること、学べること、親としての成長もあります。
それは決してお金では買えないプライスレスな価値ですね。
同じように子供自身にも学校を学費だけでは考えられないような。
成長していく中での友達との関係、アルバイトなどの社会で得られる貴重な体験。
プライスレスな価値が沢山あると思います。
是非とも、お金はかかりますが、無理はしない程度に、子供を尊重できる子育てをして親御さんも共に成長をしていってください。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com