家計簿

【知らなきゃ大損】扶養に入る条件把握してる?2018年に変更に。

配偶者扶養控除が2018年に改正され上限が103万から150万へ変更になったの知ってますか?

知ってる人は働く時間を増やそうと考えているかもしれません。
そこには「社会保険料」というブービートラップ見たいのがあるんです。
扶養控除だけを意識して働く時間を増やしてしまうと、年間約25万弱持っていかれてしまうことも。
賢く制度を使うことで、それだけの節約が出来ます。
私は義理の弟が税理士で、その妻の妹は倹約の鬼。
そこからお金を貸してもらっている我が家は色々教育されています。
やっぱり知っているのといないのでは、とても大きな差が出来ますね。。。(汗)

【注意】今回の記事は我が家と同じ状況
   妻:パート 夫:会社員

の条件で書いていきます。
主夫でやられている家庭などはそれぞれの状況に合わせて立場は変えて考えてください。

2018年の配偶者控除の改正。控除内で働ける時間が増えたが、落とし穴も

夫の控除内で働く時間を調整している主婦の人は多いのではないでしょうか?
子供が小さくてフルタイムで働けないなど、制限がある場合はそのほうが賢いかもしれませんね。
(我が家みたいに借金の返済などで支出があまり多くなければ、、、、)
また、住民税の課税などもあるのでそちらとの兼ね合いも注意しましょう。

借金3000万のサラリーマンが切込む、住民税の計算、節税の仕方?交通事故で借金3000万を抱え、返済に奔走するサラリーマン父さんの私。 知識は武器。小さなことから積み重ねるために、住民税についても学...

扶養控除と社会保険加入の違い

まず最初に

本記事の話
  • 配偶者控除(扶養に入ること)
  • 社会保険(健康保険)

上記2つは違います。
「夫の扶養に入る」とかいうと、保険も、控除も一緒に夫の会社のところに入るようなイメージありませんか?
ところが、上記の2つ違いを下記に違いを説明しますね。

配偶者控除とは

これは税金の関係になります。
妻が夫の扶養に入り、配偶者控除を受けると税金が安くなります。
例えば400万の年収の人の税金を計算する際。

配偶者控除の有り無し
  • 配偶者控除有り → 年収362万
  • 配偶者控除なし → 年収400万

で計算をされます。
つまり、夫の所得税、住民税、社会保険(年金、健康保険)の金額が変わってきます。
税金など給与天引きのものが安くなると考えてください。

社会保険とは

これは年金と、健康保険についてになります。
2つを合わせて社会保険といいます。

年金 + 健康保険 = 社会保険

妻が社会保険の扶養から外れるということは、自分の会社の保険と年金に入る。
もしくは、自分で国民健康保険、国民年金に入る。
ということになります。



配偶者控除受けるための年収上限は?

配偶者控除を受けるためには年間の総収入によります。
上記の配偶者控除と社会保険とは上限が違います。

扶養加入の上限
  • 配偶者控除の上限:150万円(交通費含めない)
    (これを超えても200万までは段階的に控除を受けられる)
  • 社会保険の上限:106万円or 130万円(交通費含む)
    (会社の規模によって異なる)

2016年の法改正によって適用範囲が広がりました。
基本的には106万円以上稼いでしまうと、働いている会社での社会保険加入対象となります。
ただし、猶予期間的に今は殆どの会社で130万円を超えなければ加入対象にはなりません。
ゆくゆくは全部106万円になると思います。

社会保険の年収以外の条件は?

社会保険扶養加入の為の他の条件もあげます。
下記の条件をすべて満たす人は社会保険の扶養に入れません

社会保険扶養から外れる条件
  • 労働時間が週20時間以上
  • 1ヶ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
  • 勤務期間が1年以上見込み
  • 勤務先が従業員501人以上の企業

繰り返しますが、これをすべて満たすと夫の社会保険に入れません。
どれか1つでも外れていればOK。夫の扶養に入れます。

注意点

妻の年収が103万~150万円の場合
税金は控除されるが、社会保険は控除されない。

これは注意してください。

社会保険は年収の14%が引かれます。
その他に住民税、所得税も引かれます。
下記に例を

年収が150万の引かれる物
  • 社会保険:21万円
  • 所得税:1万3000円
  • 住民税:3万円

これだけの金額が引かれ手取り年収は

150万 – 21万 – 1万3000 – 3万 =124万7000円

となります。
こういったことを加味した上で、どれだけ働くのかを考えましょう。

丸山的に納得しにくい制度

扶養控除が150万、社会保険が106万円。
これってなんだかすごく理解に苦しむ。
揃えてくれれば国民みんな理解しやすいのに。
なんだかブービートラップみたいで、すごくいやらしく感じる。
そう思うのは私だけでしょうか。。。。

【まとめ】

今回は非常にわかりにくい話だったと思います。
書いてる私も混乱します。
もし近くに社会保険労務士の方などが知り合いでいたら、自分の状況を説明して相談してみるのもいいと思います。
税理士の方でもそれなりに理解していると思います。
まずは、

  • 配偶者控除は税金
  • 社会保険加入は年金、健康保険

というところをしっかり把握してから、ひとつずつ分解して考えてみましょう。
一緒に考えてもとにかく混乱します。
一度では難しいと思います。
(私も妹に散々聞きました。聞きすぎて、機嫌を損ねるのも1度や2度では無く。。。。)
今回の記事を読んでも一度では理解厳しいかもしれません。
今後もこういった節税やお金のやりくりについて書いていきますので、ブックマークでもしてもらってたまに見返して復習してください。
そして、家族や友達にアウトプットすると理解も進むと思います。
頑張って、節約できるところは賢く節約していきましょう。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com