家計簿

共働きで借金返済。時間がない中編み出した家計簿の効率的な付け方

家計簿をつけるのは中々大変。
どうしても続かないし、家計簿をつけるとなると、腰が一気に重くなる。
何かコツは無いのか?

我が家でもやっているオススメは、「アプリでの管理」
夫婦での話し合いの時間を作る。
アプリであれば月末に計算する必要もないし、クレジットカードとの連携も簡単。

借金の返済に追われ続けて、家計簿をつけるようにしました。
ところが、それでも中々習慣化できなかった。
色々と方法を試してみた末にたどり着いた、継続的に家計簿をつけ家計を見直す方法をお伝えします。
おかげで、月々の20万超の返済もこなせるように。

付けたほうがいいのは分かっている家計簿、けど中々面倒くさい

家計簿って本当に面倒くさいです。
よくわかります。
借金の返済に追い込まれている我が家も、面倒臭くて付けていませんでした。
そんな状態で月に20万超と言う返済のストレス抱えて、やっていけるわけもありません。
毎月足りなくて借金は膨らむばかり。
色々試した末にたどり着いた方法を。

アプリで管理

今はアプリで家計簿を付けています。
レシートの撮影と、カードを連携して管理しています。
昔はノートにレシートを貼り付けてまとめたり合計金額を手で計算してexcelにまとめていたりしていましたが、結局数ヶ月で断念。
これらの方法だと中々夫婦で負担を分担することが出来ません。
アプリであればそれぞれが買い物したものはその場で入力してしまえば、いいので、入力の負担を減らすことが出来ます。
「相手がやっているから自分もやらなきゃ」
という意識も働きます。
アプリを共有できるから、見られてる感もあって、ちゃんと入力しようと思いますしね。

細かいことは気にしない

あまり細かい数字は気にしないようにしました。
例えば、我が家の場合、買い物に言って、雑貨と食品が混ざって一枚のレシートに入ってしまっていることもあります。

スーパーで夕飯の買出しをして、そのついでにティッシュとスポンジも買いました。
そうすると雑貨と食品は一枚のレシートに混ざりますよね。

そんなときは食費の項目に突っ込んでしまいます。
家計簿を付ける目的としては

稼いだ金額よりも出て行く金額が小さければOK

この一点です。
そこまで細かいところを気にするのは共働きの忙しい人には向きません。

1円単位をケチらない

よく1円でも安いものを求めてスーパーを2件3件”はしご”する人がいますが、うちはこれはやめました。
家計簿はざっくりでいいんだから、スーパーで10円20円ケチるために時間を無駄にしない。
我が家は夫婦で共働き。
借金返済のため、フルタイムで働き、その後もバイトを入れたりしています。
そうなるとやっぱり時間が本当に惜しくなります。
子供との時間も作りたいし、家族でいられる時間も作りたい。
そうなると余分な時間は出来るだけ削りたいんです。
10円20円をケチる。
一ヶ月だと多く見積もっても500円くらい。
もう誤差の範囲ですよね。
家計簿の管理もざっくりやってるんですから。

夫婦で話し合う日を持つ。

お互いにやっているからといって、ただやっているだけだと、ダレてきます。
そこで、家計の進捗状況、いくら使っているか、目標に対してどうか。
そういったことをチェックする日を強制的に決めています。
その日は予定をいれずに、絶対に夫婦会議に出席する。
仕事が忙しかったとしても、そこだけは空けるようにしています。
人生において、仕事よりも家庭の方が大事。
なんとしても仕事は調整して、確実に出席しています。
(二人の会議なんでどちらかがいなかったら成立しませんし(笑))

夫婦会議でやること

夫婦会議では、家計簿のチェックは勿論、将来のやりたいこと予想される出費についても確認します。
ライフプランを作ってあるため、将来の計画もチェックします。
やりたいことは変わっていないか。子供のイベント用の貯蓄は出来ているか。
結局借金なんて親(私)が勝手に作ったもので、子供には関係ありません。
ですが、中々旅行に連れて行ってあげたり、一緒にいられる時間を作れないのも事実。
出来ることが限られてしまっているのは本当に申し訳なく思っています。
そんな状態なので、凄く感謝もしまくってます。
まずは親として、きっちりやることやって、しっかり現在地を把握していこうと。
そして、自分達のやりたいこともやれるように積み上げていこうと。

まとめ

家計簿なんて本当に面倒くさくて大変なものです。
ただ、「家計簿を付けたほうがいい」と言うのは皆が思っていることでしょう。
極論言えば、出るお金と入るお金さえ分かっていればOK
入るお金より出るお金が少なければ良いわけです。

そうすれば家計は健全化します。
貯金も出来るでしょう。
ところが、そこが中々上手くいかないのが現実ですね。
そのためにはライフプランを練り、目標に向かうための予算を作る。
その家庭で夫婦で協力するのも手でしょう。
面倒臭いですが、ライフプランニングにより、目的目標を明確にするのが一番の近道です。
人生の目的目標です。
そこから落とし込んで、年間、月間、週間、日々の目標(達成の仕方)。
家計簿で現在地となります。
まずはしっかり目的目標と、現在地を把握していきましょう。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com