仕事

ブラック企業を退職したい。でも辞められないそのメンタル。体験談から

ブラック企業を退職したい。
でも辞められない。そんな人のメンタルとはどんな状態なのでしょう?

よく聞くニュースで、
「過労で自殺してしまった」
「仕事で悩みすぎてうつになってしまった」
と聞きますが、そんな時、
「そうなる前に辞めればいいのに」
って思いませんか?
私も体験するまでは思ってました。
不思議なもので、いざハマってしまうとそんなことすらできなくなってしまうんです。
本当に怖いんです。

逃げるのにオススメの転職代行はこちら

はまってしまうと中々言い出せない。意を決して言ったとしても。。。

一度はまってしまうと中々言い出せなくなってしまうんですよね。
仮に意を決して言ったとしても、暴論を振りかざし、ブラック企業らしい筋の通らない理屈を並べてきます。
この一度目の「退職闘争」で、負けずに退職手続きを進められる人はどんどん進めましょう。
ただ、症状が重く、はまっている人は何度退職の意思を表明しようと、正式な手続きを踏んでの退職は難しいかも。
会社や上司のありえない、非常識な言い分を真に受けてしまうように洗脳されてますから。。。。
ブラックな言い分は「【筋、義理、人情、一切不要】ブラック企業を退職する際、引き止めへの対策」に書きましたので、参照ください。

洗脳の恐ろしさ

洗脳、マインドコントロールというのは本当に恐ろしいものです。

  • 会社が第一優先
  • 仕事が絶対
  • 何か問題があったら、自分のせい。
  • どんな量だろうと、自分の仕事が終わらなければ帰れない
  • 自分でやると言った事は絶対にやる
    (たとえ脅されて言わされても)
  • 人に頼ってはダメ
  • 、、、、、、etc

こんなマインドになっていくんです。

社長の言うがまま

こんな洗脳にかかっているわけですから、もう会社としてはちょろいものです。
完全自由な社畜君の出来上がりです。
もう後は奴隷のようにこき使い倒せばOK
たまにご飯でも奢って、一緒に頑張ろう。俺らならできる。
みたいな事言っておけばテンション上がって頑張りますから。
たまに目が覚めて、ふと退職しようと意を決しても、到底やめられません。
もう完全に洗脳させられているんだから、退職の意向を示しても良い様にあしらわれて終わりです。
そうです。何を隠そう私も完全に洗脳されきったメンタルでした。

洗脳は徐々に。少しの違和感を見逃さないで。

洗脳は徐々にされていきます。
その過程で、違和感を感じることもあるのですが。
それを逃してしまうと、蟻地獄の様にはまっていきます。
私の例をあげます。

入社2ヶ月目で退職希望を出した

私は製造業から全くの未経験の飲食業へ転職しました。
そこの社長に凄く口説かれて、とうとう転職する気になってしまいました。
そうは言っても最初は
「頑張ろう、この会社を良くしよう」
と希望に燃えていました。
が、あまりにも聞いていた話と違いすぎたために、入社二ヶ月目の夜、意を決して
「やっぱりやっていけそうに無いので、退社させてください」
と話をしました。
それが最初の違和感ですね。
ここで無理矢理にでも辞めておけば。。。。
しかし、まんまとその違和感を逃してしまったわけです。
その感覚を大事にして、冷静になれば、ドツボにはまらずに抜け出せると思うんです。
そこで、私の様に言いくるめられて、引きずり込まれると、大変なことになります。
絶対に自分の直感は大事にしてください。

辞めることを止める。

二ヶ月目の退職願いは、まんまと言いくるめられてしまいました。

  • 「まだ二ヶ月じゃん」
  • 「これから楽しくなってくる」
  • 「もっと働き方に考慮する」

など色々社長から言われました。
いわゆる「引き止め」ってやつですね。
その会社の社長と同じ、自己啓発セミナーを受けていたことも有り、
「自分の責任で考えろ」
「と言われると、この会社を選んだのも自分だし、ここで辞めるのは。。。」
みたいな自分が悪いような勘違いをしてしまうんですね。
自己啓発の怖いところです。



そこからは少し改善、一気に転落

社長も入社二ヶ月目で退職願いを出されて焦ったんでしょうね。
一瞬ですが、環境が改善する兆しが見えたんです。
兆しだけ。。。。
そこからは、一気に転落しました。
言葉の暴力だけでなく、肉体的な暴行も受けました。

【ちょっと余談】
私は当時よくメガネで仕事していたました。
社長が殴る際、私のメガネが吹っ飛ばないと満足しないらしく、ひたすらに殴る。
さすがに途中からは私も上手くなったもので、上手く顔を捻ってめがねを飛ばせる様になりました。
殴られすぎて、耳の内出血が固まってしまい、耳の形も変わりました。

人前でも容赦無く暴力を。
周りは巻き込まれないように、遠くから見るばかり。
そんなのは止めに入れません。
当然ですよね。
私も止めてくれないことを責められません。
そして、もちろん労働時間も凄まじいものです。
10日間休み無く、20時間労働を課せられた時は、フラついて店の床で寝てしまうことも。
食事中にも寝てしまい、中々食べられません。
10日目には運転中に意識を失くして事故しました。
その頃は会社に行こうとすると自然と涙が出てくるんですよね。
会社に向かう車の中で涙流しながら出社して、会社では平気な顔して仕事する。
本当に今考えても狂ってたと思います。

もう自分一人ではどうしようもない状態

こんな洗脳されきったメンタルなので、もう一人ではどうしようも無いですね。
周りの意見を聞いてみたり、家族の意見なども仰いでみたら良いと思います。
私も、友人、家族、兄弟に本当に助けられました。
辞める時のことについては別記事に書こうと思います。

まとめ

ブラック企業に入社し、洗脳されて心までやられてしまうのは本当に交通事故のようなもの。
ブラック企業に勤めてしまうのは、正直、不運であったと思うしかないと。
実際私もブラック企業にいた頃は色々な不運も重なりました。
人生の谷間みたいなものですね。
大切なことですが、自分の味方になってくれる友人、家族を大事にしたいですね。
そして、自己啓発でよく言う自分の責任だけで考えすぎないようにしましょう。
もちろん、自分の責任で考える事も大事です。
自己啓発で学ぶのもすごく大事です。
ただ、自分の直感を信じることはもっと大事。
結局自分を守れるのは自分ですからね。

交通事故みたいに、ブラック企業に勤めてしまったら、とにかく逃げましょう。
逃げる為に、友人、家族に背中を押してもらいましょう。
また、逃げる手段はいくらでもあります。
下記にオススメの逃げる手段「退職代行」のリンクを載せておきます。

オススメの転職代行はこちら

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com