家計簿

【緊急事態】急な出費への対応。カードローン、キャッシングは最終手段。

急な出費に対応しないと行けない。貯蓄は無い。
今から用意しようとしても貸してくれる人もいない。
そんなときは皆はどうしているんだろう。。。。

本記事の内容
  • 資金調達の仕方とその注意点。
  • 今後繰り返さない為に。

私自身、26歳で借金を3000万抱え、27歳から必死で返してきました。
日々の暮らしがギリギリのため、対応できない出費ばかり。
10年間様々な手段を使って生き抜いて来ました(笑)
※人生はサバイバル(汗)

急な出費への対応方法。カードローン、キャッシングは最終手段。

金策一覧
  • 日払いのバイトをする
  • 親、兄弟、身内から借りる
  • カードローン、キャッシングを使う

上記を順番に解説します。

日払いのバイト

これが正直一番オススメ。
できない理由としては下記が考えられます。

懸念点
  • 会社にバレる
    ※副業禁止だとまずい
  • 予定が調整つかない
  • 疲れる

会社にバレる

副業禁止されている会社だとバレたらまずいですよね。
日払いのバイトであればバレる可能性も減ります。
もし不安なら、事情を説明して、数日だけの許可をもらう。
事情を説明したら上司が貸してくれるかもしれません。
(あんまり期待できないかもだけど。。。)

予定調整ができずバイトをする時間が無い

忙しいのはわかりますが、もし調整できないのであれば、急な出費をしないで済むよう調整しましょう。(そもそも論)
意外と割り切れば出費しなくても済むかも。
無理であれば、遊ぶ約束、休日出勤は断りましょう。
急な出費の優先順位によりますね。

疲れる

もう意味がわかりません。
※すいません、言い過ぎました。
急な出費に対応したいなら言い訳不要。
「疲れる」とかも乗り越えたら「達成感」が得られますよ(笑)

上記懸念はありますが、一番オススメなのはとにかく稼ぐことです。

その理由

バイトがおすすめな理由
  • 周りにも迷惑かけない
  • 経験値が上がる
  • 人生の知見が広がる
  • 日払いであれば気楽

バイト探すならこちら。
副業・Wワークで収入アップ!

親、兄弟、親族、身内に頼る

これが次におすすめ。

理由

無利息or低金利で借りられる

状況を理解してもらえる

今後も助けてくれる可能性大

今後も突発的な出費は起こりうる可能性はあります。
それに今後も対応出来るようになるには、仕事を変えたり、副業を始めたりと何か変えないといけません。
身内に状況を理解してもらえると、今後の助けにもなる可能性も大きいです。
やっぱり誰しも、身内びいきが最優先です。

最終手段カードローン、キャッシング

こちらは最終手段として考えてください。
金利というのは本当に怖いものです。
借りただけで、どんどんお金が減っていくんです。
お金に困っているのに、お金が減っていくって辛い。。。。
金利の怖さについてはこちらの記事を

【恐怖】借入金の金利の恐ろしさ。借金3000万の私が苦しめられた経験皆さん借り入れなどしてますか? もしされているなら利息がどのくらいの金額になるのかご存知ですか? 知っているのと知らないので...

なので、くれぐれも金利の低いところからにしてください。
比較サイトなど利用して、いくら急いでいても簡単に申し込まないように。
しっかり検討して下さい。

消費者金融(有名所)の金利一覧

消費者金融金利年
アコム3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%
SMBCモビット3.0%~18.0%

比較サイトは下記
キャッシング新革命!借りる側が金利や条件を選べる「くらべる君」

そして、出来ることなら
「初回申し込み〇〇日間無利息」
というようなところを選び、その間にバイトして返しちゃってください。
金利というのはただ、お金をむしり取られるだけの怖いもの。
侮らずに、一刻も早く金利とはさようならしてください。

「無利息のカードローン、キャッシングの紹介」

こちらの有名どころ「SMBCプロミス」も30日間無利息です。

SMBCプロミス

こちらの「フタバ」も30日間無利息、来店不要です。
30日間無利息!
振込キャッシング
☆キャッシングの
♪♪フタバへ♪♪

くれぐれもご注意を。
金利とは本当に怖いもの。
くれぐれも最終手段として、よくよく検討して下さい。
決して安易に踏み込まないように。。。。。
我が家は散々苦労してきました。

「死なない為に」借金による絶望感、不幸感はサラリーマンでもなんとかなる。借金抱えてしまって、もうダメだ。死ぬしか無い。そんな話をたまに聞きます。 それ、全然ダメじゃないですから。事業やって無くても、平均的な...

今後急な出費に対応出来るようになるために

急な出費というのは生きていればいくらでもあります。

急な出費候補
  • 冠婚葬祭
  • お祝いごと
    (出産、昇進、,etc)
  • 病気、事故
  • 子供行事
  • etc

もちろん人によってその頻度は違います。
一概にいくら貯めておこうとも言えません。
そのために、家計簿をつけておきましょう。
そして、最低生活コスト「ミニマムライフコスト」で生きる。
それ以上は出来る限り貯蓄、積立できるように、自分の生活パターンを把握することが必須です。

借金まみれのしがないサラリーマン、家計簿によって離婚を退け、不幸感を遠のけた。あなたは家計簿ちゃんとつけていますか? 我が家は借金がたらふくあるために、物凄い喘いだ経験からつけ始めました。 家計簿を付ける意味と...
超重要!必見!!【ミニマムライフコスト】借金夫婦が実感した重要性生きていくのに必要な月々の最低金額【ミニマムライフコスト】把握してますか? 実はこれ物凄い大事ですよ。 自分が生活していくのにいくら...

まとめ

突然の出費は生きている限り避けられないと言えます。
ただ、回避するための手段もあります。
今すぐには厳しくても、まずは現状を把握しましょう。
家計簿なんて面倒くさいイメージはありますよね。
しかし、やらなかったらもっと面倒くさく、大変なことが襲ってきます。必ず。

くれぐれも、楽に、楽しく生きられるように、ちょっとの手間を惜しまずに。
人生をコントロールしてやりましょう♪

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com