借金

サラリーマン引退後の借金、自宅担保の「リバースモーゲージ」とは?

リバースモーゲージというのが話題になっているが、実際どうなんだろう?

個人的な意見になるが、結局は借金であり、不確定な要素が多いため、オススメしない。
3000万の借金を抱え、20万/月の返済に10年以上悩み続け、借金について誰よりも悩まされ、乗り越えてき経験から。

リバースモーゲージというのを知っていますか?

リバースモーゲージとは住んでいる自宅を担保にして、老後の生活費などのためにお金を借りることができる制度。

リバースモーゲージの売り文句

自宅を担保にお金を借りてもそのまま済み続けられる。
ローンが残っている場合、この制度を利用して、一気に返済しきれてしまう場合もある。
用途制限がなく、自由に使えるお金を手に入れられる。

リバースモーゲージとは何なのか?

リバースモーゲージとは、上記売り文句の様に、使いみちが自由だったり、自宅に済み続けられたり。と良さそうな面が沢山有りそうですが、果たしてそれだけなのでしょうか?

銀行の営業の成果なのか、ここ最近話題になってきています。
実は従来は各都道府県の社会福祉協議会の「不動産担保型生活資金」という形の自治体による貸付事業が中心でした。
ただしこれには年収制限などがある低所得者向けの貸付です。
「年金型」と言われる毎月数万円~数十万円ずつ受け取る方式。
また、自宅にはそのまま住み続けなければならない。という縛りもありました。
ここに銀行が目をつけた。
低金利で、銀行もダブついてどうしようもなくなってきた資金を外にだすために、カードローンなども営業ノルマを課して積極的にやってきたが、それだけではダブ付いた資金の解消も出来ず、リバースモーゲージの積極的な営業も初めて来ているというところでしょう。

リバースモーゲージのメリット・デメリット

このリバースモーゲージは本当に素晴らしいだけなのか?
多大な借金と長い間付き合ってきている私からすると、どうも引っかかるので、そこを整理してみました。

2つのメリット

まずはメリットについて。
2つほどあるので、上げていきます。

メリット①:自宅に住み続けられる。

若い頃に頑張って、購入した自宅。
そこには色々な思い入れがあるでしょう。
家族の過ごした場所であり、人生がそこにありますよね。
老後の生活苦でそこを手放さなければならないというのは本当に辛い。
そんな人への救いの手になります。
自宅を売らなくてもお金を用意することが出来ます。

メリット②:死ぬまで現金を確保できる。

基本的にはなくなるまでは現金の確保ができます。
リバースモーゲージの商品によっては一括でお金を受け取るのか、年金の様に毎月分割で受け取るのか選択ができます。
ただし、下記にも述べますが、評価額よりも建物の価値が下がってしまった場合にはその限りではありません。



4つのデメリット

4つほどあるので順番に上げていきます。

デメリット①:自宅の価値に見合うほどの金額は借りられない。

基本的には「ウワモノ」と言われる建物の部分は評価されません。
土地の評価で融資額が決まってくる。
借りられるのは、評価額の50~80%になります。
また、担保である自宅の評価が凄く下がってしまった場合、差額の借入金の返済を求められてしまいます。

デメリット②:相続人には何も残らない

利用者が亡くなった際に、銀行などの貸主側が土地・建物を売却し精算するため基本的には何も残りません。
売却した際に貸したお金よりも高く売れたら、そのお金は返ってきます。

デメリット③:子供が同居していると借りられない

借りる際に子供と同居しているのは対象外となります。
そして、将来的に介護やUターンなどで子供と同居するとなっても、契約違反になってしまいます。

デメリット④:マンションも対象外

このリバースモーゲージは土地が評価の対象となることがほとんど。
借り主が亡くなる何十年も先に建物の価値が残っているというのは中々難しいからでしょう。
なので、土地の無いマンションも基本的には対象外となってしまいます。

リバースモーゲージか、不動産売却か。

老後に関しては今後はどんどん厳しい世の中になっていくでしょう。
昔の様に退職金と年金によって老後は悠々自適に隠遁生活とはいかない時代。
どの様に生きていくか。
再雇用で年金と合わせて収入を得るのか。
不動産(自宅)を売って身軽になり生きていくのか。
リバースモーゲージで年金と合わせて借り入れで生活していくのか。

筆者のオススメ

私のオススメは再雇用で年金と合わせて収入を得る事を勧めます。
ただ、引退するまで一生懸命働いてきて、そこから新たに働き始めるというのも大変な話だと思います。
思い入れのある自宅を手放して、身軽に生きるのも言うのは簡単ですが、その決断は大変な決断になるでしょう。
ただ、リバースモーゲージは結局は借金であり、金利も変動金利。今は3%くらいが主流だそう。
住宅ローンなどに比べたら非常に高いリスキーな借金だと思います。
何かあった場合、そのシワ寄せが子供に行く可能性も。
現時点では、どんな問題が潜んでいるのかも測りきれない状態です。
相当な負担の大きい借金を負っている身としては、この商品は選択出来ません。
今は将来に向けてお金について学び、そのようなリスキーな選択をしなくても済むように、準備をするようにしたいと思います。

まとめ

リバースモーゲージが凄く伸びてきています。
ただしこれは借金の一種になります。
銀行の営業などでは、耳に優しい事を言ってくれるかもしれませんが、鵜呑みにしないように。
銀行の窓口の人も、営業の人も、騙すつもりはありませんが、ノルマなどに追われ売らなければならない板挟みの立場。
しっかりとリスクも理解し、どういったものかを把握して、冷静に判断しましょう。

また、まだ引退までに時間のある人はしっかり冷静な判断ができるように、マネーリテラシー(お金の教養)を上げておきましょう。

オススメのお金の講座はこちら。
【無料体験会参加】お金の教養講座/ファイナンシャルアカデミー
【無料体験会参加】定年後設計スクール/ファイナンシャルアカデミー
お金の勉強なら!女性限定マネーセミナー

引退したときに、難しい判断をしなくても良いように、自分と家族を守れるようにしっかり残しておきましょう。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在37歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com