借金

借金返済のため、資産を増やすために4つのやめる事と1つの重要な事

やめる_女性_ブレーキ

お金を貯めたいけどどうすれば良いんだろう?
お金を貯めるために必要な習慣はなんだろう?
と、ついついプラスアルファの行動や考え方を調べがち。
ところが、大事なのは「やめること」の方が大事。
今やっている事を辞めることの方が貯めるためには近道です。

我が家も「やめること」を増やし、お金が回るようになりました。
今までの生き方、考え方で満足するほどお金が貯まらなかった。
だったらそれを変えるしか無いですよね。
今までと違うことをするためにまずは「やめること」で隙間ができて、新たにできることが増えてくるんです。

我が家の場合は3,000万の借金で強制的に、修正させられました。
もはや調教と言ってもいいくらい。
月に20数万の返済に追われ、毎月マイナスを垂れ流し、晴れてブラックリスト入りもした結果。
なんとか月々の収支もマイナスにならないようになり、振り返って見ると「やめること」が多かった。

お金を貯めて、資産を増やしたい。そのためには?

お金を貯めたい。お金を貯めるために必要な習慣はなんだろう?
何をしたら良いんだろう?
ついつい

  • 「何かをする」
  • 「さらに稼ぐ」

という事を考えてしまいがちではないですか?
ところが、大事なのは「やめること」
実はやること、習慣を増やすよりも簡単でした。

プラスアルファ

今の現状の貯蓄、資産の額に満足していますか?

現状、あなたは自分の貯金額や、資産の額では満足していない。
そう考えるからこの記事を読んでいると思います。
もしそうであれば、それはあなたの習慣が作り出しているものに原因が。
そうでなかったら、もうこのページは閉じでください。
読む必要も無いし、読むだけ無駄なので、もっと有効な事に時間を使いましょう。

お金が貯まらない。のはあなたの習慣のせい

お金が貯まらないのも、今の貯蓄、資産の額に満足出来ていないのも、あなたのせいなんです。
(厳しいことを言うようですが)
今までのあなたの行動、選択の結果が、今のあなたの状況を作り出している。
人間は意識している、していないに関わらず、1日に9,000回の選択・決断をするそうです。
その結果行動をして結果を作っていきます。
(朝起きて水を飲むか、トイレに行くか、何を着るか、電車に乗るか、、、、、etc)
それらの決断はすべてあなたの習慣をベースに決定されています。
なので、結果を変えたかったら、習慣を変えるのがベスト。

  • 今の貯蓄、資産の額に満足出来ていない。
  • カードローンやキャッシングなどの借金があり、
    金利でどんどん大事なお金を取られていく。

これもすべて1日9,000回の決断の結果です。
なので習慣を変えましょう。

習慣を変えるには。

習慣を変えるにはどうするのか?

松井秀喜さんの座右の銘

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」

というのがありますが、まずは心(気持ち)を変えるために、余裕をもたせましょう。
そのためには

「やめること」

不要な事をやめることで、自分の気持ちに余裕ができます。
我が家も、返済に追われていた頃は余裕なんて全くありませんでした。
常に借金のことばかり考えていて、いつも

「お金がない」「どうしよう」

と考えていました。
なので、先の事も考えられず。

「やめること」で少しでも余裕をもたせてあげて、
心(気持ち)を楽にさせてあげること。

向き合う

具体的に「やめること」って?

「やめること」沢山あると思いますし、人によっても違うとは思います。
まずは代表的な事を上げていきます。


「数字が苦手」「お金のことは難しい」と言うこと

お金を貯めたい。資産を作りたい。と思っているのであれば、この言葉は絶対に辞めましょう。
もう完全に逃げでしか無いです。
お金というのは、数字でしか無い。
数字自体は全然難しいものでは無いし、誰しも使うし凄く身近なもの。
それを「苦手」「難しい」と言ってしまったら、全く前に進みません。
「お金のこと」と言ったら、大きくて、複雑で、難しい様に感じるかもしれません。
ですが、噛み砕いて考えたら、決して難しいことでは無いはず。
「貯金がしたい」「投資運用したい」のであればそれの手段について調べればいいだけ。
それを明確にするだけです。
そして、収入がいくらあるから、いくらなら貯蓄、運用に回せるか。生活費はいくらになるか。
これを考えるだけです。
「お金を貯める」「資産を作る」
というのは本来は凄くシンプルな話なんです。

「1人で頑張る」のをやめる

家庭持ち、夫婦であればどちらか1人で頑張るのをやめましょう。
一人で家計を管理してやりくりして、いくらなら貯められる。
と1人で頑張らない。

夫婦として、人生を共にする相手がいる。
折角ですから、話しましょう。

お互いにできる範囲で負担を分散し、家族で、夫婦でやりたいこと、なりたいもの。を明確にしましょう。
そのために「ライフプラン」を作り、あなたの人生のガイドラインとしお互いに伴走者としてがんばりましょう。
1人でやるのはとにかく大変だし、相手に対しての不満が必ず出てきます。
居酒屋でも良いし、素敵なカフェでもいい。
気楽に話せるところで、まずは会話を持つことから初め、ライフプランを作りガイドラインを作成しましょう。
目標が決まっていると凄く楽になりますよ。

利息まとめ

「買い物リストの無い買い物」をやめる

普段の買い物から言えることです。
食品を買うにしても、雑貨を買うにしても、洋服を買うにしても。
しっかりリストを持って、目的を持っていきましょう。

スーパーや、コンビニの陳列というのは、いかに人が欲しくなるように陳列するか。
入店からレジまでの動線もしっかり考えられており、ついつい目が言ってしまうように。
そして、目が行ってしまったら欲しくなってしまうのが人情。
私も妻も、何度後悔したことか。。。。
買わなくても良いもの、帰ってみて冷静に考えたら、別に買わなくても良かったもの。
まぁいい経験といえばいい経験ですが。
その都度非常に後悔しました。
たまには当たりのものもあるでしょう。
買ってよかった。良い発見した。というものもあるでしょう。
ただ、毎回では無いですね。
必要のないものを増やすのも貯蓄には大敵。

多重債務の人の特徴?元取立て人の見識と体験談から知る金持ちと貧乏の習慣の違い この記事では、借金返済に苦しみ楽になりたい人に向けて、直接的ではないけど、確実に効いてくる方法。 お金持ちと貧乏な人の習慣の違い。...

リストを作り、リストに沿ったものを買うようにする。
お目当ての商品めがけて、全力疾走とは言いませんが、一直線にそこに向かい必要なものを揃えたら即退散。
時間は有限ですし、お金を持っている人ほど、時間を大事にします。


銀行口座を使い続けるのをやめる

銀行口座のサービス見直してますか?
ベストの銀行口座ですか?
1つの銀行を自分のメインバンクとして使い続けている人も多いと思います。
どれだけ長くメインバンクとして使っていようと、
割引が合ったり、特典が合ったり、金利アップがあったり。
というのは稀だと思います。
それよりも、もっといいサービスの銀行に乗り換えてしまいましょう。
今は色々な業種の会社が銀行サービスを初めています。
金利も高かったり、手数料が安かったり、アプリで便利に使えたり。
あなたが昔から使っている銀行はいかがでしょうか?
手数料というのもバカになりません。
また、自動で先取り貯金をしてくれるような銀行もあり、手間が省けます。
残高もアプリで見られて、いつでも頑張っていると自分を承認出来ます。
自分に合った銀行を見つける事もお金を貯める大きな武器になります。

ケガ元気

まとめ

現状の貯金や資産が満足いくほどにない。
資産の成長度が思ったとおりにいかない。
それは全部、あなたの今までの生き方が作ってきた結果。
それを改善し、挽回していくためには、あなたの習慣を見直す必要があります。
習慣とは、心(気持ち)からくるもの。
まずは上記の行動、考えを断捨離すること。
それによって隙間を作り、お金が貯まる考え方を入れていきましょう。
まずは、無駄を省いて「やめること」を習慣づけてください。
本気でお金を貯めたいのであればまずは「やめること」から。
資産が物を言う時代。
しっかり自分と向き合いながら、習慣を変え、生活を変え、人生を変えていきましょう。
明るい、楽しい人生に。

ABOUT ME
丸山 さとし
丸山 さとし
26歳から借金3000万を抱え、人生奮闘中。投げ出したり、逃げ出したくなりながらも、妻と子供とやってきました。現在39歳。明るく元気に楽しくやっております。 地元長野県松本の家族のブログも運営しております。 https://matsumoto-maru.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です